自分に自信をつけるための、メイクの秘訣って?

Society & Business 2024.05.10

昨年のフィガロジャポンBWA Pitch Contest Audience Awardの受賞者で、すべての人が自分らしく挑戦できる社会を目指すチームアスリートビューティーが4月22日、日本を代表する女性アスリートたちに向けてビューティーセッションを提供。メイクや色の力を活用して、自分に自信をつけるコツを伝授した。

sub17.jpg

チームアスリートビューティー代表の花田真寿美さん。学生時代は、見た目に関する厳しい部則に悩み、その後ヘアメイクと出合って自分に自信を持つことができるようになった経験から、ビューティを通じてアスリートを支援する活動を続けている。

日本では女性アスリートが髪型やメイクを楽しむことに対して、「競技に集中していない」「チャラチャラしてる」などと批判する風潮があるが、チームアスリートビューティーはその先入観を変え、すべての人が自分らしく自信を持って挑戦できる環境をつくりたいと活動している。

この日、コスメブランド LUMIURGLAS(ルミアグラス)が女性向けスポーツwebメディア、B&(ビーアンド)と共同で開催したイベント「アスリートビューティーセッション」に、チームアスリートビューティーの代表でアスリートビューティーアドバイザーの花田真寿美さんとパーソナルカラー診断士の鈴木さやかさんが講師として登壇。元バレーボール日本代表の栗原 恵さん、陸上競技アスリート兼モデルの志村 美希さんなど第一線で活躍するアスリートに、スポーツ時でも楽しめるメイクのポイントや顔立ちを引き立てる色を提案した。

sub18.jpg

バレーボール元日本代表の栗原恵さんにタッチアップする花田さん。「アイライナーがにじみやすい」という栗原さんのお悩みに対して、「下瞼に綿棒でフェイスパウダーをつけるとにじみが防げる」とアドバイス。

メイクのデモンストレーションでは、栗原さんをモデルに「スポーツ中でも"落ちにくい"メイクのコツ」を花田さんが解説。「下地をつけて一度ティッシュで押さえてから、リキッドファンデーションを塗ると、崩れにくい」「ヘルシーな印象にしたい時は、チークを鼻の上にも乗せるといい。強く見せたい時は、ゴールドやブラウン系のチークを選んで」「競技前に、アイライナーで目尻に跳ね上げラインを入れると、強い印象に」などのティップスを披露。

sub5.jpg

「春・夏・秋・冬」をイメージしたカラードレープを当てて、その人に似合う色を提案する鈴木さやかさん。

続くパートでは、鈴木さんがパーソナルカラー診断会を実施。各アスリートのパーソナルカラーを、「春・夏・秋・冬」をイメージしたカラードレープを当てながら提案。自分が似合うと思う色と第三者が似合うと感じる色が異なる場合もあり、その違いを観客と一緒に確認していくと、会場から「こっちの方が似合う!」と声が上がるなど、おおいに盛り上がっていた。

この日、花田さんと鈴木さんは、BWA Award 2023を受賞した市原明日香さんが展開するSOÉJU(ソージュ)の洋服を纏って登壇。シーンや流行にとらわれず、自分らしさを演出する同ブランドの洋服で、「自信を持って登壇できた」と花田さん、「今後はアスリートビューティーアドバイザーの育成や、アスリートに特化したプロダクト作成など、アスリートがメイクやファッションなどのビューティと接するポイントを創りたい」と話す。

「こうあるべき」にとらわれず、自分らしい選択肢を創り出す女性たちの繋がりが生まれるフィガロジャポンBWAは、より良く豊かな社会を目指し、これからもコミュニティメンバーの活動を応援していく。

【関連記事】
フィガロジャポン BWA Pitch Contest 2024、出場者募集中!
粧(よそお)いで、アスリートに自信と力を。
「自分らしく働く」を叶えるための"器"として会社を育てる。

フィガロジャポンBusiness with Attitude特設サイトへ

text: Toshiko Fujimoto (madameFIGARO.jp)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories