in PARISFRANCE

  • DO・THEATER

パリのキャバレーは芸術!クレイジー・ホースのショーへ。

Crazy Horse Parisクレイジー ホース<8区>

2017年12月、プレスツアーでパリの老舗キャバレー「クレイジー・ホース」で観劇した演目は「Totally Crazy」。「クレイジー・ホース」とはパリの老舗ナイトクラブのひとつで、クリスチャン・ルブタンがショーの演出をしたりと、観光スポットを超えてモードとも関わりのある場所。

鍛え上げられた身体と陰影で見事な奥行きを生み出すライティング、ステージごとに変化するヘアスタイルやメイクに至るまで、微塵の妥協もない完璧な姿のダンサーたちは、まさに"クレイジー"な美しさを誇って舞い踊る。たしかに、初めは肌の露出の多さに驚くかもしれないが、ライティングや衣装、音楽やセリフなどすべてが調和しあった総合芸術だと気が付いたとき、そこにはいやらしさが全くない。

幕間のパフォーマンスでは、タキシードを着た男性のコメディアンが会場に一体感を生み出し、ひと息つかせる演出の構成も素晴らしい。人間の体が生み出す艶めかしい芸術、その美しさに圧倒され、シャンパンを片手につい酔いしれてしまう。

171212-paris-521.jpg
パリの老舗キャバレー「クレイジー・ホース」では、華やかな舞台の裏、楽屋さえも完璧な演出が施されている。

171212-paris-46.jpg
楽屋にて、ダンサーの名前が書かれたシフト管理表。

paris-20171218-crazyhorse03.jpg
曲線美を巧みに表現したポージングが生える、黒バックのステージに生える色使いとライティングはお見事。

paris-20171218-crazyhorse04.jpg
キレの良い動きで厳格な兵士の様子を表現。

INFORMATION

Crazy Horse Parisクレイジー ホース<8区>

12, avenue George V, 75008

01・47・23・32・32

ALMA-MARCEAU, GEORGE V - FRANKLIN D. ROOSEVELT, CHARLES DE GAULLE ETOILE, PONT DE L'ALMA

20時30分~23時(月~金、日)、19時~21時30分、深夜(土) ※ショー開催の30分前より入場可。

www.lecrazyhorseparis.com/en/homepage

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。