in PARISFRANCE

  • SHOP・INTERIOR・STATIONERY

パリの噂の3人が、18世紀の技術で作る紙製品専門店。

À Paris chez Antoinette Poissonア・パリ・シェ・アントワネット・ポワソン<11区>

パリで芸術作品の修復に関わるアーティスト3人がスタートしたブランド、アントワネット・ポワソン。日本でも注目を集めはじめているこのブランドが手がけるさまざまなラインナップが、この11区のショップには揃っている。

paris-201805-115-a-paris-chez-antoinette-possson-01.jpg

18世紀からのインスピレーションが生むモチーフが、紙製品と布地に。手帳25ユーロ〜

昔の手刷りの技術パピエ・ドミノテで作る壁紙、手帳や紙皿。永遠のエレガンスをたたえた花鳥柄や小紋は18世紀の香りいっぱい。インテリアファブリックやクッションも展開している。

INFORMATION

À Paris chez Antoinette Poissonア・パリ・シェ・アントワネット・ポワソン<11区>

12, rue Saint-Sabin 75011

01・77・17・13・11

BRÉGUET-SABIN

10時〜18時(木、金) ※月〜水はアポイント制 休)土、日、祝

MASTER、VISA

www.antoinettepoisson.com

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : MANABU MATSUNAGA, réalisation : MASAE TAKATA (PARIS OFFICE)

※掲載情報はFIGARO 2018年5月号より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。