さや姉の美容お悩み相談室。Vol.2

Beauty 2024.06.05

美容担当歴25年以上になるフィガロ編集部エディター、加藤さやかこと、さや姉が基本辛口にてお答えする美と健康のお悩み相談室。第2回目のお悩みは? 
さや姉の美容遍歴を知る。>>Episode.0
過去のお悩みを見る。>>Vol.1

おしゃれな顔に見えるメイクの秘訣が知りたい。

onayami2.gif

今日のお悩み

「いかにもメイクしています、という感じじゃなく、『おしゃれな顔』になれるメイクのやり方が知りたいです。理想は長尾悦美さんや、片山久美子さん。無造作でさらっと、何もしてなくてリップだけ濃い色を塗っています風なので、真似してリップだけ濃い色を塗っているのですが、まったくふたりのようにはなりません。この部分だけ意識して強調すると整ってみえるよ、という秘訣があれば知りたいです」(40代 会社員)


さや姉からのアンサー

インスタ、よーく見てください。おふたりともリップが濃いからそこに目がいきますが、ほかもちゃんとメイクしてますよ。ナチュラルなツヤ肌に、眉毛を整え、アイメイクも。すっぴんにただ濃いリップを塗っておしゃれに見えるのはパリジェンヌだけです。

ふたりから学べるのは、顔のフレームとなる眉毛の色と形。眉毛=意志とも言われ、ここが整うと顔がはっきりします。また、太い細い、色などトレンドもあるので、眉がいまっぽいだけでおしゃれに見える。もし、眉を生やしっぱなしだとしたら、トレンド以前にまず一度眉毛サロンで自分の顔に合う形に整えてもらい、その形を維持してみることから始めては。また、好みのメイクブランドのカウンターに行って、美容部員に描いてもらうとトレンドがわかります。

ただこのふたり、骨格のメリハリがあってパーツもくっきりしている「自分の顔立ちに合うメイク」をしている気がします。誰かの顔ではなく、自分の顔をよく見ましょう。他人に見てもらう、メイクしてもらうのも発見があります。メイクは失敗したら落とせばいいのだから、トライ&エラーを楽しんでほしいですね。


Beauty Tip
取り急ぎ、自分の眉色に合う
アイブロウアイテムをひとつ。

item2.jpg

極細芯で描きやすく、ベーシックに持ちたい絶妙なブラウン系が揃う。ホルダー付属のスクリューブラシも秀逸。アイブロウ ペンシル 全4色 ¥1,230、アイブロウ ホルダー ¥1,980/ともにアディクション ビューティ

私はペンシル一本で描いてスクリューブラシで梳かす派ですが、アディクションには、ほかにもパウダーや超極細のリキッドやマスカラ、ブラシ類と眉アイテムが充実しているので、自分の眉のタイプに合ったものが選べるはず。カウンターで描き方を学ぶのもオススメです。

beauty_onayami.jpg

Profile
加藤さやか

フィガロジャポン編集部 シニア・ビューティ&ライフスタイル・エディター
1998年よりフィガロ編集部。国内外の化粧品や香水が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプル(時々美容医療)、メイクはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

⚫️問い合わせ先:
アディクション ビューティ
0120-586-683
www.addiction-beauty.com

Index
さや姉の美容遍歴>>Episode.0
さや姉の美容お悩み相談室>>Vol.1

illustration: Chiharu Nakamura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories