Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 近所のいい店、教えます。
近所のいい店、教えます。

立川に行ってでも食べ(てもらい)たい、鴨とパテ。

JR中央線の沿線で、駅前にルミネ、伊勢丹、高島屋があって、駅近に大きな公園もある街……新宿ではありません。立川です。

IKEAやららぽーとに加えて、最近はちょっとラグジュアリーなホテルや美術館、ホールも建設中。ますます盛り上がりを見せる立川で、近頃お気に入りの一軒をご紹介いたします、シオニーです。東京の西の方に暮らしています。
この連載に登場する店の所在地の偏りには、常々不満を感じておりました。わたしが加わったからには、西の方まで範囲を広げて参ります。(どれだけ需要があるかわかりませんが)どうぞお楽しみに。

さて前置きが長くなりましたが、みなさま、パテと鴨はお好きですか?  フレンチには欠かせないこのふたつ。“パテ”と一口に言っても、大きさや使われるお肉もさまざまで、レバー入りだったりパイに包まれていたりいなかったりといろいろ。そして鴨は鴨でもコンフィやロティなど調理法は多種多様、いろんな楽しみ方がありますよね。

今回ご紹介する店「テパトモカ」は、そんな奥深いフレンチ食材、鴨とパテをメインとするレストランです。

200320-iimise-06.jpg

場所は立川駅北口から徒歩10分弱。漆喰の壁にアンティーク調の装飾が掛けられ、木のテーブルが並ぶ、カジュアルな雰囲気の店。ドアを開けるといつも満面の笑みと150点満点のさわやかさで迎えてくださるのは、ソムリエの塚田さん。

おすすめは「今月のおまかせコース」。4,950円で、アミューズ、前菜二種、スープ、魚料理、肉料理、デザート、食後の飲み物まで付くという、なんとも良心的な価格設定。初めての方は、まずこのコースで店の実力を感じていただきたいと思うのです。

200320-iimise-07.jpg200320-iimise-08.jpg

200320-iimise-09.jpg

1月のおまかせコースは、トリュフづくしのスペシャルメニューでした。(お値段据え置き!)ワイングラスで供される「鴨のコンソメスープ」は、アラカルトでも絶対お願いしたい逸品。

---fadeinpager---

もっと心ゆくまで鴨を味わいたいわというコアな鴨好きさんは、「テパトモカの鴨づくし盛り合わせ」(¥6,578)を。内容は日によって変わるそうですが、ハンガリー産マグレ鴨(フォアグラ用の鴨)や茨城のかすみ鴨など、産地までこだわり抜かれた鴨が一堂に会します。

200320-iimise-04.jpg

合鴨むね肉、かすみ鴨もも肉、砂肝、合鴨と豚肉のあいびきソーセージなど。事前の予約がおすすめです。

わたしのいちばんのお気に入りは、放し飼いで育てられるというかすみ鴨のもも肉のロティ。甘くて上質なその脂は、人の体温で溶けてしまうので、脂質を気にする人にもおすすめ!……とのことですが、そんなこと気にする人もしない人も、鴨が好きな人も苦手な人も、つべこべ言わずに食べてみんしゃい、その柔らかさ、野性味を一切感じさせない上品なお味に、鴨嫌いだって鴨好きになる、この際、そう断言してしまいましょう。

アラカルトのシメのメニューには、パスタやリゾットも。聞けばシェフの松島さんはフランスのみならずイタリアにも渡り、在バチカン日本国大使館付き料理人という経歴もお持ちだとか。どおりでリゾットもおいしいはずです。

200320-iimise-05.jpg

シメのシメはチーズ盛り合わせ(¥1,100)で。この日は、モンドール、エポワス、ルブロション。

ワインは奥のワインカーブから自分で選ぶもよし、塚田さんと相談して決めるもよし。気分とお料理に合わせてわがままにどうぞ。

200320-iimise-02.jpg

南仏エクス・アン・プロヴァンス近郊のワイン。(好みの地域を指定したら、仕入れもしてくれるみたいです。うれしい!)

これからの季節、昭和記念公園でピクニック(宴会は自粛要請出てますがピクニックは……?同じ……?)をお考えならば、本格フレンチ惣菜を詰め込んだお持ち帰りオードブルもオーダー可能。絶対一度試さなきゃと、これ食べたさに宴会、いえ、おうちピクニックを目論んでるわたくしシオニーです。

200320-iimise-01.jpg

TEPATOMOKA/テパトモカ
東京都立川市高松町3-14-13 ボヌール立川 1F
tel:042-512-7420
営)12時~15時(ランチ) 17時~23時(ディナー)
休)月
https://social-epice.com/tepatomoka/top

【関連記事】
自分流にカスタム出来る麻辣香鍋に夢中!
二子玉川の隠れ家レストラン発見。
家で再現したくなる、おいしいお惣菜のあるベーカリー。

※記事内の価格は、標準税率10%の消費税を含んだ価格です。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。