ダイアナ妃、その死に関して新事実が浮上

Culture 2017.08.22

les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-7.jpg

「僕の望みは、母が僕をとっても誇りに思うこと。僕には母から受け継いだものがたくさんある。母が行っただろうことを、僕もたくさんしている」とハリー王子は2016年5月に「ピープル」誌のコラムに語っている。(ハイグローヴ、1986年7月18日)photo:Abaca

ダイアナ妃が亡くなった夜に乗っていた車は、事故車だった

ダイアナ妃の死から20年近く経って、新たな材料が見つかった。1997年8月31日、ウェールズ公妃ダイアナは、パリ、アルマ橋下のトンネル内で起きた交通事故で命を落とした。車には、ダイアナ妃の当時の恋人ドディ・アルファイドが同乗しており、同じくこの衝突事故で亡くなっている。
あの忌まわしい自動車事故についての新情報を提供してくれるのは、『ダイアナの死:驚きの新事実』と題された、5月30日にフランスのテレビ局M6で放映される新作ドキュメンタリーだ。番組の主な根拠となったのは、ジャン=ミッシェル・カラデック著『誰がダイアナ妃を殺したのか』である。

【関連記事】
ダイアナ妃が極秘取材で語った、その生涯とは。
ダイアナ妃の華麗なるファッション遍歴。

廃棄されるはずだった車

M6で取り上げられたジャン=ミシェル・カラデックの著作によると、ダイアナ妃の死について調査する際、警察はある点を見逃していたらしい。彼女が乗っていた車の経歴だ。ドキュメンタリーによると、ドディ・アルファイドとダイアナ妃を乗せたメルセデスは、事故車だったという。1994年、つまり、ダイアナ妃の死亡事故の3年ほど前に、その車は別の衝突事故を起こしている。
車を調べた 保険会社によれば、自動車は修理不能で、廃棄されることになっていた。しかし、物事はしかるべき道筋を辿らない。修理業者に渡った後、自動車はエトワル・リムジン社に売却されているのだ。それがすなわち、ドディ・アルファイドとダイアナ妃の車を手配した会社だったというわけだ。
そして、ふたりは不運にも、路上に戻るはずのなかった危険な車に当たってしまった。リッツの警備長で、事故の夜運転手をつとめ、やはり1997年8月31日に亡くなったアンリ・ポールは、ハンドルを制御し切れなくなり、そのまま車はトンネルの柱に激突したのだという。

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-2.jpg

「ウィリアムと僕は、人生をふたつに分けることができる。父と母が現実に側にいた幸せな年月。そしていま、母が亡くなってからの10年」。母の没後10年の機会にハリー王子が胸を詰まらせて語ったスピーチ。photo:Abaca

【関連記事】
英王子が語る、母としてのダイアナ妃。
ダイアナ妃が泣きついても女王は助けなかった

>>パパラッチを弄んだダイアナ妃

---page---

パパラッチを弄んだダイアナ妃

他にも、調査の過程で明らかになったことがある。ダイアナ妃とパパラッチとの関係にまつわる内容だ。ダイアナ妃にとっては、“HRH”(Her Royal Highness、殿下)の称号を失って、ウェールズ公妃ダイアナと呼ばれることや、1996年のチャールズ皇太子との離婚後、王室から除籍されたことは、堪え難いことだったようだ。南仏でパパラッチたちに自分のビキニ姿の写真を撮らせたのは、その腹いせだったのだ。
ドキュメンタリー番組の中では、ドディ・アルファイドとのキスをとらえた“スクープ写真”を仕組んだのは彼女自身だったと強調されている。チャールズ皇太子が新しい伴侶であり、元愛人のカミラ・パーカー=ボウルズのために催したパーティに対する当てつけというわけだ。王室の言い方にならえば、この“スキャンダラスな”写真が、タブロイド紙の一面をさらい、コーンウォール公の夜会のニュースが追い落とされる結果となったのだ。

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-3.jpg

「時は傷を癒す。君の感じていることはよくわかるよ。僕は毎日、母を恋しく思っている。もう彼女が逝って20年になるのに」ウィリアム王子は、2016年8月、施設を公式訪問した際、母を失った14歳の自閉症の少年にこう説明した。(オークランド、1983年4月23日)photo:Abaca

パパラッチたちのしつこさに気づいたダイアナ妃は彼らを弄んだことをすぐに後悔することになる。しかし、歯車は動き出してしまったのだ。当然、彼らはパリでもダイアナを撮り続けた。彼女に死をもたらした事故の時までずっと。

【関連記事】
ハリー王子、王族放棄も考えた悩める過去を告白。
ダイアナ妃も愛用した、トッズのモカシン。

>>ダイアナ妃とパパラッチの関係。

---page---

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-4.jpg

「僕たちは、母が望んだだろうことをそのまま実現たかった。エネルギーと喜びと幸せに満ちた大コンサートを 。彼女にとって最高の誕生日プレゼントになるだろう」2007年、ダイアナ妃の誕生日を祝してオーガナイズされたコンサートに際し、ウィリアム王子はインタビューでこう語った。(英国、1993年4月13日)photo:Getty Images

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-5.jpg

「このことについて話さなかったのは本当に後悔しています。生まれてこのかた28年間、話さないでいたんです。苦しむことは当たり前、でもそれについて話すのは弱さとは違う。弱さとは、自分が問題を抱えていることを認めないこと。解決するために何もしないことです」。ハリー王子が、2016年7月、ヘッズ・トゥギャザー協会がオーガナイズしたイベントにおいて、BBCのカメラに向かって語った言葉。(マジョルカ、1987年8月10日)photo:Abaca

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-6.jpg

ハリー王子が2004年、エイズ関連慈善事業組織とともに、ドキュメンタリーに協力した際の言葉。「母は、僕たち兄弟がこういう行いをすることを望んだだろうと思います」(ロンドン、1995年5月8日)photo:Abaca

再les-plus-beaux-hommages-des-princes-harry-et-william-a-lady-diana-photo-8.jpg

「“ママ”という言葉をこれから二度と言えない、ということはちっぽけな問題に見えるかもしれません。けれど、僕を含むたくさんの人にとって、この言葉はもはや空虚で、遠い思い出を呼び起こす言葉でしかない」。2009年、子どもの服喪デーにおいて、ウィリアムが語った。(アバディーン、1983年)photo:Getty Images

【関連記事】
エリザベス女王は、同じネイルを28年間使用している。
ダイアナ妃のオークション、ウェディングケーキも?

texte : Elise Poiret (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories