フィガロが選ぶ、今月の5冊 山崎まどかがガーリーカルチャーを語る書評エッセイ。

Culture 2018.10.10

ガーリーカルチャーの地図が、浮かび上がる書評集。

『優雅な読書が最高の復讐である
 山崎まどか書評エッセイ集』

1809xx-livre-03.jpg

山崎まどか著 DU BOOKS刊 ¥2,376

「ナボコフの『ロリータ』のヒロインは、どんな服を着ていたのか」という考察で始まるこのエッセイは、単なるブックレビューの枠を超えて、ガーリーカルチャーがいかにして生まれたのか、その系譜を俯瞰した詳細な地図を描き出してみせる。このジャンルにおけるフェティッシュな知識量、センシティブな目配りにおいて著者の右に出る者なし。マリリン・モンローがジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』の文体を気に入っていたエピソードなど知られざる逸話も満載で、一冊の本の思いがけない履歴に驚かされる。

【関連記事】
山崎ナオコーラが描く、まったく新しい姉妹像。『偽姉妹』
無限の時の流れを綴った、朝吹真理子7年ぶりの長編。『TIMELESS』

*「フィガロジャポン」2018年10月号より抜粋

réalisation : HARUMI TAKI

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
Business with Attitude
キーワード別、2024年春夏ストリートスナップまとめ。
連載-パリジェンヌファイル

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories