桜田ひより、強い心を持って前へ。【煌めく主人公たち。】

Fashion 2024.05.21

物語の主人公は自分自身。いつだって自身と向き合う真摯な心が、ストーリーを新章へと導いてくれる。桜田ひよりが夢いっぱいに描く、煌めく世界を覗いてみよう。フィガロジャポン6月号に登場した俳優6名のスペシャルインタビューを公開。

Starring Hiyori Sakurada

mainsh.jpg

艶めくゴールドが心を優しく守る鎧代わりとなり、そっと背中を押す。「ヒーロー全員が最初から強いわけではない」と語る桜田ひよりの前には、20歳を越えて新しい世界が広がり始めている。「前に出るタイプではないのですが、好きなことや発信したいことは持ち続けたい」と、自分だけの物語を創っていく。コート¥1,265,000、ポロシャツ¥140,800、パンツ¥412,500、ベレー帽¥79,200、ヘアクリップ(黒、2個セット)¥70,400、ヘアクリップ(白)¥48,400、ネックレス¥147,400、シューズ¥161,700、バッグ¥357,500(すべて予定価格)/以上ミュウミュウ(ミュウミュウ クライアントサービス))*「フィガロジャポン」2024年6月号より抜粋

---fadeinpager---

INTERVIEW
幼少期から活動を始め、21歳にしてキャリアが16年になる桜田ひより。ピュアな心を忘れずにさまざまなこと吸収してきた彼女は、20歳を超えて新たなフェーズへ。お気に入りのファッションを纏い撮影現場に入り、周囲をハッピーにする穏やかなオーラは、まさに煌めく主人公。

─今回煌めくファッションアイテムを纏っていただきましたが、いかがでしたか。
キラキラのアクセサリーは、普段からたくさん身につけます。基本、どこかキラキラしてるかもしれないです(笑)。ベレー帽にゴールドのヘアアクセリーを合わせるコーディネートが可愛くて、今日は幸せな時間を過ごせました。

─撮影では、ミニ桜田さんを心の中のもうひとりの自分に見立ててコラージュしました。最近感じている自分の中の心の声を聞かせてください。
「穏やかに過ごせてるよね」って言っています。作品に入っていると朝が早かったり、食生活が乱れたりするのですが、最近は続いていた作品が終わって、お家でゆっくりご飯を食べて、落ち着いた毎日を過ごしているので。

aeoJU97nNnv7tzyXaXgn1715762739-1715762776.gif

─第47回日本アカデミー賞では、新人俳優賞を受賞されました。表現者として新しい世界が広がっている感覚はありますか。
初めましての方とお仕事する機会で、あの作品観ていたよとか、ずっと前からお仕事したかったんだって言っていただけると、小さな頃から積み重ねたものが広がっていってるなという感覚があります。

─幼少の頃から活動を始めて21歳にしてキャリアは16年に。長いキャリアの中で、辛い時や心が疲れている時はどのように乗り越えますか。
ひとりで好きなことをする時間をきちんとつくります。最近だと好きな映画を観たり、家でゆっくりと音楽を聴いたり、そういう時間を大切にしています。あとは「終わらないことはないぞ」って、心の中で自分におまじないの言葉をかけます。仕事が立て込んでいる時や、自分に余裕がないと思った時でも、これさえ乗り切れば絶対に終わりが来ると思って、自分を奮い立たせます。

─フィガロジャポン6月号はロマンティック特集。桜田さんにとってのロマンティックって?
小説や映画といった、現実ではない要素があるもの、芸術的なものとロマンティックという言葉がリンクします。『ロミオとジュリエット』みたいに、いまの世界では起こらないかもしれないけど、これほどまでにお互いに惹かれ合えたら素敵だなとか、こういうシーンが実際にあったらロマンティックだろうなと感じます。

─物語の"ヒーロー"という言葉を聞いて、桜田さんが憧れる像はどんなものですか。
ヒーロー全員が最初から強いわけではないと思うんです。前に前にというよりは、あまり目立たないけど実は強かったり、最初から強いわけではないけれど成長できる心を持った人こそヒーローだと思います。私も自分から前に出るっていうタイプではないので、そういうに心の強さを持つ姿に憧れを持っています。

─これから挑戦してみたいことはありますか。
20歳を超えてから役の幅が広がっている感覚があるので、今までやったことない役にどんどん挑戦してみたいです。あとは、せっかく表現をするお仕事をしているので、自分が好きなことを発信できる立場でもあれたらいいなと思っています。いま、いちばん興味があるのはファッション。朝、今日のコーディネートを選んでいる時間が好きなんです。ドラマや映画で朝がどんなに早くてもいちばんテンションのあがる服で行きたいと思っていて、自分の中の好きという気持ちはこれからも大切にしたいです。

桜田ひより
2002年生まれ、千葉県出身。幼少期より芸能活動をスタートし、数々の作品に出演。映画『交換ウソ日記』(23年)で、第47回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。公開中の映画『バジーノイズ』にヒロイン、岸本潮役で出演。
⚫️問い合わせ先:
ミュウミュウ クライアントサービス
0120-45-1993
www.miumiu.com

Index

c5bfa3a75098900b858347ee2b00ea7e9babdab4.jpg
▶︎鈴鹿央士が引き寄せる、新しい未来。
▶︎河合優実が拓く、自分の運。
▶︎山田杏奈、いつだって自分自身が主人公。
▶︎桜田ひより、強い心を持って前へ。
▶︎當真あみ、表現したいのはいろいろな私。
▶︎窪塚愛流、オリジナルの個性が輝く時。

photography: Osamu Yokonami styling: Chikako Tanifuji hair: Takayuki Shibata(Signo) makeup: Nobuko Maekawa(Perle)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories