ランディ - ファッショニスタ キャッツ占い

madame FIGARO.jpのブログでもおなじみ、ニューヨーク生まれのおしゃれな猫、ニコと可愛い仲間たちがお届けする通称“ファッショニスタ キャッツ”が新しい占いになって登場。6種の猫の性質をもとに、最新ルックを着用した12匹のキャッツたちが、毎月の運勢を前半・後半に分けて伝えます。

2020年1月後半の運勢(1/16~31)

スコティッシュフォールドのランディ

3年ほど先までの理想の自分像を思い描いて。

これまでのキャリアに縛られることなく、まったく新しい挑戦を始められる2020年。年明けは、約3年先までを見据えたビジョンを描くことができたでしょうか? 3年後の自分の理想形を思い浮かべながら、あなたらしくまっすぐ突き進むための行動計画を練っていきましょう。恋愛面でも新たなスタートが切れる時。なかなか思いが遂げられないフリーの人は、これまでとは異なるアプローチ法を試したり、ターゲットを見直してみたりするといいかも。カップルは、新しいスポットに出かけたり、未体験のことにチャレンジしたりして新鮮さを取り戻して。

>>ランディが着ているのはグッチ

 

ファッショニスタ キャッツ占いトップページ

1月のチェックデイ

  • LUCKY
  • LOVE 1/24
  • MONEY 1/17
  • START 1/22

1月のラッキーアイテム

スタッズのブレスレット

スタッズのブレスレットを、獲得のパワーがあるとされる右手に着ければ、新年からうれしいチャンスを手に入れることができるでしょう。

グッチより、ブランドを象徴するモチーフを刻んだスタッズのブレスレット「インターロッキングG」。

スコティッシュフォールドの基本性格

安定感はピカイチ。責任感が強く、どんなことも白黒はっきりさせたい頑固なタイプ。

どんなときでもブレない、動じない安定感はピカイチ。何よりも“心”を大切にするため、複数の選択肢がある場合には、お金やステータスよりも自分が夢中になれるかどうか、達成感を得られそうかどうかが選ぶ決め手になりそう。責任感が強いので、最終的に責任を取りたくない、もしくは取れないと判断した場合には絶対に手を出さない潔さも。チームで動くときも責任の所在がはっきりとわかるように、少数精鋭がおすすめ。何ごとも愚痴をこぼしたり余計なことを言ったりせず、じっくり取り組んで努力を続けられるタイプですが、理想主義で正義感が強く白黒はっきりさせたいところがあるので、ときには頑固で融通が利かない人と思われることも。優柔不断だったり八方美人だったり、どっちつかずのグレーな人や立場、状況は、なかなか受け入れられないかもしれません。常に高みをめざしていているため自分にも他人にも厳しい半面、責任感の強さから、面倒見がよく、まわりの意見に左右されない安定感があるので人を育てるのは上手。先生や指導者という立場も向いていて、後輩や部下など目下の人から信頼を得られます。

collaboration:YOSHIFUMI AOKI, texte:HARUKO MURAKAMI, illustlation : KYOKO YABUKI

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。