2020年の運勢(年運) : 雨 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2020年の運勢

雨

古のものから学びを得る。内面を磨いてステップアップ。

「玉堂星」という、母性や年上の女友だち、師といった意味を含む星が巡ります。2020年は、実家や母親とのコミュニケーション、関係を大切にすることで、さまざまな気づきが得られそうです。教育、伝統、古典、歴史など、教養を深めるにもいい流れです。何か一生続けられる趣味を見つけるには絶好のチャンスで、運命的な経緯でその道の師に出会うこともできるでしょう。留学したり、大学の聴講生になったり、資格を取るのもおすすめです。趣味なら、伝統芸能や茶道、華道、着付けなど、和のジャンルで古典的なものがインスピレーションを与えてくれそうです。恋愛面では、年下の人との結びつきが強まる年だといえます。相手の内面に惹かれたなら、年齢を気にすることなく、その縁を大切に育てましょう。母や姉を示唆する星であることから、あなたの知的で落ち着いた魅力をさらに磨き、内面を豊かにするよう努力することが開運の鍵となります。また、人間関係でも互いに助け合うことで心の成長につながり、喜びをもたらすことでしょう。

雨のあなたはこんな人

静かに降る雨は、霧や露、そして大切な飲料水を含め、私たちや地上の存在に不可欠な生命の源です。慈雨という言葉のように、雨の人は、母性愛にみちて、しかも理性的で、どんな状況や人に対しても自分を柔軟に合わせられる順応性をもっています。もの静かで冷静なため一見クールな人と見られることもありますが、親切で、よく尽くし、面倒見がよく、人を育てていく教育の才能をもっています。探究心が豊かで、知的好奇心があり、すぐれた現実主義なタイプですから、とんでもないことや、枠を外れるような型破りなことはしません。でも水の本質は下へ流れていくように、何かで落ち込むようなことがあると、大きくなる傾向があるので、上手に受け流すゆとりをもちましょう。生涯続けるような教養、勉強、趣味をもったり、それを教えることなどすると、人生が豊かに彩られるでしょう。

雨の有名人

オドレイ・トトゥ(女優)1978/08/09 カトリーヌ・ドヌーヴ(女優)1943/10/22 ギャスパー・ウリエル(俳優)1984/11/25 ジョニー・デップ(俳優)1963/06/09 フランソワ・オゾン(映画監督)1967/11/15

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。