今年の運勢(年運)・恋愛運 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

2020年の運勢

2020年2月4日 〜 2021年2月2日

2020年はどんな年?

算命学の観点では、2月4日をもって2020年はスタートします。干支十二支でいうと庚子(こうきんのね)、つまり「鉄」と「ねずみ」の年にあたり、行動、前進を表す、積極的な“動”の年にあたります。“動”といえば、その代表格はスポーツ。オリンピックイヤーにふさわしいエネルギーといえます。ねずみは十二支の最初の干支で、この年を季節に表すと立春にあたります。まだ寒いけれど、ゆっくりと暖かくなる気配のする、春に少しずつ向かっていく年といえます。各自が自分自身の目の前のこと、いまやるべきこと、いまやれることを明確にして、日々、それに向かって実践することが大切です。また、何ごとにおいても、自分の中で白黒をはっきりさせた上で、迅速によく働き、休む時は区切りをつけてしっかり休むようにしましょう。不言実行が、あたたかな未来を引き寄せる鍵になります。さらに“動”のパワーには、争い、闘いの意味も含まれるので、短気な言動には用心すべきです。前向きな行いを心がけ、明るく肯定的にして過ごせば、心の平安につながる良い年になるでしょう。

主精別 2020年の運勢

  • この1年、樹木のあなたに巡り来るのは「車騎星」という"動"の星です。人に例えると男性星ですから、女性にとっては広い意

    MORE

  • 2020年は10年に1度の大変化の年になるでしょう。シングルの人にとっては、出会い、恋愛、結婚のチャンス年となります

    MORE

  • 「禄存星」という、あたたかい明るい星が巡り来ます。この星が表すのは愛情、奉仕、親切、金銭的充足、豊かさなど。恋愛、家

    MORE

  • この1年、あなたに関わる星は「司禄星」という女性を代表する星で、女性としての本来の特質をフル発揮しましょうというメッ

    MORE

  • リラックスした大らかな「鳳閣星」が巡る2020年は、子どものように溌剌とした楽しいエネルギーに満ちています。今年は、

    MORE

  • 「調舒星」というとても繊細で芸術的な星が巡る2020年です。この星の特徴は、直感やインスピレーションが冴えて、これま

    MORE

  • 鉄が主精のあなたに巡り来るのは、鉄の星。同じ星が来るわけですから、2020年に何より大切にすべきなのは自分自身です。

    MORE

  • 「石門星」が、2020年のあなたをサポートしてくれます。この星の特色は、交友関係の広がりです。今年は、新たな仲間

    MORE

  • 本来、海の人は知性の人であり、束縛を嫌う、自由な精神の持ち主です。そんなあなたに巡り来るのは「龍高星」。自由で創造的

    MORE

  • 「玉堂星」という、母性や年上の女友だち、師といった意味を含む星が巡ります。2020年は、実家や母親とのコミュニケーシ

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。