今年の運勢(年運)・恋愛運 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1990

1

1

SEARCH

算命学とは

2022年の運勢

2022年2月4日 〜 2023年2月3日

2022年はどんな年?

算命学では、地球にも巡り来る年の主精があり、2022年は「海」の星となります。大海では、水は流れ流れて船を走らせ、人や荷を運び、遠く離れた国から国へと、常に流れていきます。従って、2022年は「動」の年ということになり、今年のキーワードとして挙げられるのは、改革、冒険、自由、海外、旅、移動、引越し、別れ、ロマン、母親、祖母、年上の女性、外国人、芸術、色彩、他人からの引き立て、学問……など。ひとりひとりの主精については、海との関係性によって十人十色ですが、すべての人にとって、今年は意識を変革すべき年。冒険をテーマに、これまでの古い価値観や思い込みを手放し、新しいスタイルで生きると、心身ともに自由を満喫できそうです。内なる強さを実行に移す際は、知性が助けになることでしょう。日々学ぶことを楽しみ、クリエイティブな1年にしましょう。

主精別 2022年の運勢

  • 今年、樹木の精のあなたに巡り来る運命星は「龍高(りゅうこう)星」という、大きな改革の波をはらんだ「大海」の星です

    MORE

  • 1年を通してあなたに巡り来る星は「玉堂(ぎょくどう)星」という、母性と知恵の星です。人にたとえると、母親や姉、年

    MORE

  • 2022年は海の年ですが、太陽が主精のあなたにとって、良い巡り合わせの1年といえそうです。「車騎(しゃき)星」と

    MORE

  • 今年は、10年に1度やって来る大きな変化の年です。「牽牛(けんぎゅう)星」の年が、いつも明るくてアクティブなあな

    MORE

  • 今年1年間、あなたをサポートするのは「禄存(ろくぞん)星」。そのエネルギーは、好奇心と向上心がいっぱいの子どもに

    MORE

  • 代表的な女性星である「司禄(しろく)星」が巡る2022年。しっかりと地に足をつけて、日々の生活を堅実に生きていく

    MORE

  • 「鳳閣(ほうかく)星」という、とても大らかでのびやかな星が、子どものように無邪気に日々を過ごすことをすすめていま

    MORE

  • 子どもの星である「調舒(ちょうじょ)星」は、とてもデリケートな性質を持ち、ひとりでいることを好みます。そのため2

    MORE

  • あなたの主精である「海」が巡る2022年、1年を通して影響を色濃く受けることでしょう。年運の星は「貫索(かんさく

    MORE

  • 2022年は「海」の年。「雨」の主精とは陰と陽の違いはあれ、同じ水の性質です。ですから今年は人間関係を広げられる

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories