2024年の運勢(年運) : 樹 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

www.juan.jp

2024年の運勢

樹

人生の節目にあたる「始まり」の年。自分との対話を習慣に。

全体運

今年、巡り来る年運の星の主精は「樹木」です。初心にかえって、自分自身としっかり向き合うことが、これから先の人生の新たなスタートラインになるという、いわば、始まりの年にあたります。竹でいうところの節目といえば良いでしょうか。現在のあなたを取り巻く環境が、仕事、人間関係、親の介護など、やることが多々あったとしても、自分の内なる正直な声が、何を望んでいるかに耳を傾けて下さい。将来のためにも、習慣的に自分自身と対話することをおすすめします。10年に1度はこういう年が巡りますが、それはいまのあなたにとって必要だから。心を聞いて自らの本音を聞き出し、その実現のためにいまできること、今年こそ始めたいことを明確にするのが大切です。人それぞれでしょうが、仕事、勉強、趣味、恋愛、人間関係、結婚、経済、生活、健康、そして心が喜ぶことについて、本当の自分として生きるための具体案をメモにとるなどして視覚化しましょう。

恋愛運

「樹木」の星は、独立心や自らの意志を表すため、今年は自分がどうしたいかを追求し、自分軸をベースにした上で、マイペースに自分ができることを「始める」年にして下さい。つき合っている人がいるなら、将来的にどうなりたいのかを自問してください。いない人は、心の声と対話して方針を決め、できることから始めるとよいでしょう。あなたの心がすべての始まりの源です。ラブチャンスの星が巡るのは、4月~7月、11月、12月。

樹のあなたはこんな人

天を目指してまっすぐ上へ伸びていく樹木は、長い年月をかけて、見事な大樹として成長します。そんな樹のイメージがあなたの本質です。正直で一本気。基本的にはゆっくりペースの、のんびり屋さん。時には頑固に見られることがありますが、それは人に指図されることが嫌なマイペース型だから。何であれ、自分の思うように自分のやり方でやりたいのです。樹のぬくもり・・・というように、人と争うことやトラブルは苦手な平和主義。心あたたかで温厚な性質です。決して要領よく立ち回るタイプではありませんが、じっくりと着実に、年月とともに実力、信用、魅力などが伴っていく、大器晩成の長距離ランナーのリーダータイプの人です。

樹の有名人

ジュード・ロウ(俳優)1972/12/29
デヴィッド・リンチ(映画監督)1946/01/20
レオス・カラックス(映画監督)1960/11/22

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories