新しくっておいしい、 飲茶のたしなみ方。

西安の飲茶レシピを、ポップに再構築。

特集

ダンプリングタイム 餃子時間渋谷

サンフランシスコでセレブリティにも愛される店が日本初上陸。ポップな内装にサラダ仕立ての水餃子、色とりどりの小籠包と見た目はアメリカンだが、レシピはオーナーの出身地であり、餃子は本場である西安の味そのもの。羊やニラ×卵といったタネで再現している。点心類はすべて手作りで、ビジュアルだけでなく味のクオリティにも気を配る。西海岸のクラフトビールと味わえば、新感覚の飲茶時間が過ごせそう。

190911-dumpling-time-01.jpg

手前:「ラム西安餃子」¥1,026。ラム水餃子は十三香粉入りのタレを付けて。 中央右:「エビトースト」¥594。油条(中国の揚げパン)にエビのすり身をのせているのがユニーク。東南アジアの調味料シラチャーソースと。 奥左:「2種小籠包盛り合わせ」¥950。赤のものは皮にビーツを練り込み、トムヤムクンスープを入れた小籠包。 中央左:ほろ苦さが心地よい「アンカー・リバティー・エール」¥842

190911-dumpling-time-02.jpg

新メニューの「チーズチャーシューパオ」3個 ¥734

190911-dumpling-time-03.jpg

今年、日本に初出店。サンフランシスコなど西海岸のクラフトビールを揃えている。

ダンプリングタイム 餃子時間|Dumpling Time
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ6F 
tel:03-6450-6030
営)11時~22時L.O. 
無休 ※施設に準ずる
http://immfoodservice.com/shops/dumplingtimejp

【関連記事】
ロンドンの人気店から派生、注目の最新飲茶店。
香港の家庭料理をアレンジ。目にも楽しいランチタイム。
変化球メニューで、夜茶のススメ。
特製窯で焼き上げた、チャーシューをお目当てに。

※『フィガロジャポン』2019年9月号より抜粋

※この記事に掲載している商品・サービスの価格は、2019年7月時点の8%の消費税を含んだ価格です。

photos : MICHI MURAKAMI, texte : KEIKO MORIWAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。