ほっと温まる、冬の炊き込みご飯レシピ。#02

心と身体に優しい、ダイコンの味噌バターご飯。

特集

一年中、旬の食材を使って楽しめる炊き込みご飯。冬におすすめのレシピをテーマごとに、ドリンクのペアリングとともにご提案。ひとりでゆっくり自分を労りたい夜には、優しい味わいのダイコンの味噌バターご飯に、手作りのノンアルコールドリンクを合わせて。

疲れを癒やし、元気を取り戻させてくれる味。

ダイコンの味噌バターご飯×ほうじ茶サングリア

191119-rice02-01.jpg

年末に向けて慌ただしい日々を過ごしている人も多いはず。忙しさに押しつぶされそうな時や、連日の宴に身体が悲鳴をあげている時には、冬に甘くおいしくなるダイコンを使った炊き込みご飯を、自分のために作ってみては?

ダイコンは葉付きのものを手に入れて。皮と葉もすべて使うから、味も栄養も抜群。ダイコンのシャキシャキ感とバターの優しい甘味、味噌の滋味深さが溶け合って、心と身体に染みわたる。ノンアルコールのほうじ茶サングリアは、ご飯に寄り添う柔らかな味。旬のリンゴを使えば、瑞々しく甘い香りがふわっと心地よい。大好きな音楽や映画をお供に、あるいは物思いに耽りながらゆっくりと味わううちに、自分自身が回復していくのを感じられる。

191111-rice02-02.gif

ダイコンの味噌バターご飯
〈材料 4人分〉
米 2合
ダイコン 160g(約6cm長さ)
ダイコンの葉 100g
油 大さじ1
ゴマ油 小さじ1


A 醤油 小さじ1
A 酒 大さじ2
バター 20g
だし汁 360ml
B 味噌 大さじ1.5
B 酒 大さじ1
B 醤油 小さじ1
一味唐辛子 適宜


〈作り方〉
1. 米は洗ってざるに上げる。
2. ダイコンは皮付きのまま3mm厚さ×1cm幅の短冊切りに、葉は3cm長さに切る。
3. フライパンに油を熱し、ダイコンを加えて強めの中火で、少し焦げ目が付く位によく炒める。葉を加えてさらに炒め、ゴマ油を加える。
4. 3にAを加えて火を止め、バターを加えてあえる。皿に取り出し冷ます。
5. 鍋または炊飯器に米とだし汁、Bを合わせて混ぜ、4をのせて炊き上げる。
6. 碗によそい、お好みで一味唐辛子を振りかける。


ほうじ茶サングリア
〈材料 4人分〉

ほうじ茶 400ml
リンゴジュース 150ml
フルーツ(リンゴ・洋ナシなど) 適量


〈作り方〉
1. ほうじ茶とリンゴジュースを合わせ、適当な大きさに切ったフルーツを加えて、冷蔵庫で30分ほど冷やす。
2. フルーツごとグラスに注ぐ。

【関連記事】
#01 赤ワインに合う、牛肉とサトイモの炊き込みご飯。
平野由希子と4つのスパイス鍋レシピ。
あの人の自宅で食べる冬鍋レシピ、もう試した?
手軽なのに至福の味! バターと生クリームのレシピ。

photos : SHINTARO OKI (FORT), stylisme et recettes : SHIHO AKITA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。