いま行きたいのは、小さくておいしい店 ちょっと1杯がうれしい、美酒スポット。

Gourmet 2023.05.25

その道のプロが選んだお酒と気の利いたつまみがある、大人にうれしい店。ひとりディナーはもちろん、アペロにもぴったりな9軒がこちら。


家庭的な料理と愉しむ、イタリアの自然派ワイン。

Bricca|ブリッカ
[ 三軒茶屋 ]

開業12周年を迎えた昨春リニューアルし、スタンディングでも楽しめるようになったイタリア料理店。黒板に書かれたアラカルトは、毎日でも食べ飽きない家庭的な料理ばかり。しっかり食べたい人には5,500円のおまかせコースもあり、ペアリングも提案する。イタリアのナチュラルワインはグラスで7〜8種類。食後酒も充実している。

230515-bricca-01.jpg
カウンター4席とテーブル5席は予約が無難。スタンディングは予約なしでも利用しやすい。
230515-bricca-02.jpg
グラスワインの一例。左から、カンティーナ・ジャルディーノの白ワイン「パスキ2020」グラス¥1,450、イル・ヴェイのオレンジワイン「ピノ・グリージョ2021」グラス¥880、レ・ボンチエの赤ワイン「チンクエ2020」グラス¥1,200
230515-bricca-03.jpg
通年人気の前菜「サバとサトイモのテリーヌ」¥1,400 
230515-bricca-04.jpg
春の温菜「ヤリイカのソテー ビネガー風味」¥1,800
Bricca
東京都世田谷区三軒茶屋1-7-12
tel:03-6322-0256
営)18:00~21:00L.O.
休)日 ※ほか不定休あり 
www.bricca.jp

photography: Aya Kawachi

---fadeinpager---

カリスマ唎酒師のセンスが光る、日本酒とフードのペアリング。

Eureka!|ユリーカ!
[ 西麻布 ]

230515-eureka-01.jpg
吉野杉のカウンター(12席)の端はペルシャ絨毯が敷かれた立ち飲みゾーン。個室もある。

ペアリングに定評のある利酒師・千葉麻里絵が、思い入れのある蔵元の日本酒約200種類を揃える酒場をオープン。フレンチ出身のシェフとともに開発した「うふマヨ♡」「ブルーチーズのハムカツ」などの料理に合わせて、さまざまな日本酒がベストコンディションで楽しめる。吉野杉の樽で寝かせた「樽丸」など、オリジナル酒にも注目。

230515-eureka-02.jpg
提供するお酒の一例。「風の森秋津保507」(グラス¥700)は無濾過生原酒のガス感と青々しい香りがサラダと好相性。岩手県の民宿が米と米麹と米糠を原料に醸した「権化PEAT」(1杯¥3,000)は酒碗で、「うふマヨ♡」と合わせて。
230515-eureka-03.jpg
半熟煮卵の燻製にイカ墨マヨネーズをかけた「うふマヨ♡」¥500
230515-eureka-04.jpg
「パクチーとキウイのサラダ」¥1,000
Eureka!
東京都港区西麻布4-11-28 麻布エンパイアマンション2F
tel:03-6805-0760 
営)18:00~22:30L.O.(火~金) 13:00~20:00L.O.(土、日、祝)
休)月
Instagram:@eureka.sake

photography: Aya Kawachi

---fadeinpager---

夕方からの角打ちが好評! フードも充実のワインストア。

The Wine Store Dean & Deluca|ザ・ワインストア ディーン&デルーカ
[ 麻布十番 ]

チーズやシャルキュトリーなどのフードと、約4000本のワインが揃う。ワインはアメリカ、ヨーロッパ、日本産が中心で、ナチュールからオーセンティックな銘柄、シャンパーニュまで充実。店内奥のカウンターでは夕方から角打ちができ、日替わりのグラスワインや人気中華料理店O2(オーツー)の蒸したて焼売など、ラインナップも魅力的。

230515-dean-and-deluca-01.jpg
ワインは抜栓料¥500で楽しめる。
230515-dean-and-deluca-02.jpg
左から、スペインのパルティーダ・クレウスの赤ワイン「ビネッロ ティント VN」720mL ¥4,950、カリフォルニアのパックスの赤ワイン720mL ¥4,950、岡山のドメーヌ・テッタのオレンジワイン「シャルドネ・オリジヌ2021」720mL ¥4,400
230515-dean-and-deluca-03.jpg
「O2謹製焼売」はブラックペッパー、レモングラスの2種用意。¥360
230515-dean-and-deluca-04.jpg
「サドルバックのサラミの盛り合わせ、ニョッコフリット添え」¥1,080
The Wine Store Dean & Deluca
東京都港区麻布十番2-4-3
tel:03-5765-6070
営)9:00〜20:30 L.O. ※ショップ〜21:00
不定休
www.deandeluca.co.jp/wine-store

photography: Aya Kawachi

---fadeinpager---

ひねりの利いたおばんざいと、日欧のナチュールに癒やされて。

Toco|トコ
[ 代官山 ]

細い路地に建物が並ぶ商業施設の一角にあるワインバー、バロの姉妹店。白い壁と大きな窓に囲まれたカウンターはクリーンなぬくもりにあふれ、女性のひとり客も多い。ヨーロッパや日本のナチュールと楽しめるのは、アジアのテイストを加えたおばんざい。飲んだ後の締めには、隠し味にナンプラーを使った定番の豚汁をぜひ。

230515-toco-01.jpg
週末は予約が無難。
230515-toco-02.jpg
約10種揃うグラスワインの一例。左から、山梨県の人気生産者ドメーヌ・ポンコツの白ワイン「まどぎわ」グラス¥1,200、北海道のワインばたけ浦本のロゼ「taiyo」、アルザスのオレンジワイン「カール・ラ・ナチュール・エ・フォルト」グラス 各¥1,300
230515-toco-03.jpg
「そら豆と鶏肉グリーンカレーの揚げ春巻き」¥1,060
230515-toco-04.jpg
切干大根とさきイカとキンカンなど、食材の組み合わせが楽しい「tocoのおばんざい盛り」2人前¥1,520
Toco
東京都渋谷区猿楽町26-2 sarugaku D棟2F
tel:03-6809-0366
営)18:00〜22:30L.O.(月〜金) 16:00〜21:30L.O.(土、日)
休)水 ※ほか不定休あり
Instagram:@toco.daikanyama

photography: Tomo Ishiwatari

---fadeinpager---

お酒と音楽が混じり合う、開放感のある空間。

Konkon|混混
[ 池尻大橋 ]

店名は「人、店、料理、カルチャーなど、さまざまなものをミックスさせたい」という思いから。大きな楠のカウンターを設えた店内には、JBLスピーカーのサウンドとともに、自由で開放的な空気が流れる。ナチュールは約300種揃い、グラスは白8種、赤3種ほど。人気酒場、創和堂で修業した店主による約13品の小料理と楽しみたい。

230515-konkon-01.jpg
立って飲むのにちょうどいい高さのカウンターは9席。ほかに小さなテーブル席もある。
230515-konkon-02.jpg
店主の思い入れが深いフランスの生産者のワイン。左から、ドメーヌ・オジルの赤ワイン「グルーヴ」グラス¥1,200、ラ・ソルガの「ソルガズム」グラス¥1,300、ヤニック・ペルティエのロゼ「ゾゼ」グラス¥1,200
230515-konkon-03.jpg
定番の「梅干し オリーブオイル漬け」¥330
230515-konkon-04.jpg
赤エビと相性のいいアボカドを合わせた「赤エビのタルタル」(¥1,200)にはパンが付く。
Konkon
東京都目黒区青葉台3-10-11 青葉台フラッツ2F
tel:080-6187-5719
営)16:00~24:00 
休)日 ※ほか不定休あり 
Instagram:@konkon.ikejiri

photography: Tomo Ishiwatari

---fadeinpager---

カクテルもワインも充実! シックで心地いいラウンジへ。

She Meguro Lounge|シー メグロ ラウンジ
[ 目黒 ]

目黒の坂に面した静かな一軒家レストラン、シーの3階は、ひとりでも気軽に過ごせる居心地のいいラウンジ。ワインは世界各国のナチュールからクラシックなタイプまでさまざまなものが揃い、オーナー夫妻が海外で感動した味を再現した小皿料理とともに楽しめる。ワイン3杯とおつまみが付いたセット(¥2,000)が人気。

230515-she-meguro-lounge-01.jpg
8席のカウンターのほか、ゆったりしたソファ席もある。
230515-she-meguro-lounge-02.jpg
奥のワインは左から、イタリアの「ストゥルム ピノ・グリージョ」グラス¥1,200、ポルトガルのオレンジワイン「ロシン フレッシュ・フロム・アンフォラ“ナットクール”ブランコ」グラス¥990、フランスのドメーヌ・デ・カラビニエのロゼ「ルナ・アポジェ・タベル」グラス¥1,100
230515-she-meguro-lounge-03.jpg
山ワサビが利いた「大人のポテトサラダ」¥770
230515-she-meguro-lounge-04.jpg
「ジビエのリエットのオレンジカンパーニュサンド」¥880
She Meguro Lounge
東京都品川区上大崎4-5-31 She Meguro 3F
tel:03-6303-9441
営)12:00〜15:30L.O.、18:00〜24:00L.O. 
休)月、火 
https://shemeguro.com

photography: Michi Murakami

---fadeinpager---

人気ビストロの姉妹店は、パテやリゾットが絶品!

Pas Loin|パ・ロワン
[ 東銀座 ]

人気店ビストロ・シンバの姉妹ワインバー。左官仕上げの淡路の赤土壁に囲まれた店内は、洞窟のような奥行きがあり、カウンターは立ち飲みメイン。ワインはフランスを中心とするナチュールで、ボトルで300種、グラスで常時20種。料理は本店で仕込んでおり、特製ブイヤベースのリゾットなど、ビストロの姉妹店ならではの料理が好評。

230515-pas-loin-01.jpg
18時から22時は椅子席(全4席)のみ予約可。テラスもある。 
230515-pas-loin-02.jpg
ボトルワインは¥7,000〜。おすすめの一例は左から、ペドレス・ブランケスの赤ワイン「カバノン・ルージュ2021」750mL ¥9,800、ドメーヌ・ドゥ・ラ・コートレットの「ライトピノ2020」750mL ¥11,000
230515-pas-loin-03.jpg
カリッとしたクルトンの食感も楽しい「シンバ特製 ブイヤベースのリゾット」¥1,800
230515-pas-loin-04.jpg
シンバでも大人気、旨味豊かでしっとりとした「田舎風お肉のパテ」¥1,500
Pas Loin
東京都中央区銀座4-14-2 XCD銀座ビル2F
tel:080-5828-4141
営)18:00~翌2:00(火~金) 18:00~24:00(土)
休)日、月 
Instagram:@pasloin_bar_a_vin

photography: Tomo Ishiwatari

---fadeinpager---

約100種のナチュールと、ひねりの利いた小皿料理。

yamada|山田
[ 幡ヶ谷 ]

京都出身の女性店主が厳選した各国のナチュールワインは、フランスを中心とする約100種が揃う。グラスでは約8種用意されており、ホワイトボードには、ナチュールの優しい味わいに寄り添う小皿料理が約10品。春巻きの隠し味には京都の漬け物すぐきを入れるなど、発酵食品や地元の食材がさりげなく取り入れられている。

230515-yamada-01.jpg
カウンターとテーブルで計10席。予約は前日までにダイレクトメッセージで。
230515-yamada-02.jpg
左から、ドメーヌ・チュロニスのオレンジワイン「エスプリ・ヴァンダンジュール」グラス¥1,200、バティスト・クザンがSO2を使わずに醸造した赤ワイン「ウェッシュ・クザン」750mL ¥10,800、テヌータ・サイアーノの微発泡ロゼ「ルード2021」グラス¥1,100
230515-yamada-03.jpg
「イチゴとルッコラ モッツァレラのカプレーゼ」¥880
230515-yamada-04.jpg
「生ハムとカブのマリネ」¥660
yamada
東京都渋谷区西原1-21-16 パラスト西原1F
tel:非公開
営)17:00~22:00L.O.(月、水〜金) 15:30~22:00L.O.(土、日、祝)
休)火 ※ほか不定休あり
Instagram:@yamada.wine

photography: Tomo Ishiwatari

---fadeinpager---

手の込んだアラカルトが29品! 豪快な肉料理も人気。

Gnudi|ニューディー
[ 外苑前 ]

イタリア語で「裸」を意味する店名に裸一貫で独立した気概を託した店主は、かつて同じ場所にあったワインバー、エビイロの元店長。店は小さいながら、前菜やパスタだけでなく、「和牛イチボのロースト」などのメイン、デザートも揃える。人気の揚げニョッキは、ふんわりもちもちの食感。ワインも自然派が約200種と充実している。

230515-gnudi-01.jpg
テーブルは8席。カウンターで立ち飲みも可。
230515-gnudi-02.jpg
左から、アルザスの名門クリスチャン・ビネールのオレンジワイン「シローズ2018-2021」750mL ¥9,700、フランク・コーネリッセンの「ススカール ロッソ2019」750mL ¥5,600、アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールの「シャブリ・ベレール・エ・クラルディ 2018」750mL ¥8,200
230515-gnudi-03.jpg
「イタリアンチャーシュー ポルケッタとくるくる九条ネギ」¥1,100
230515-gnudi-04.jpg
「アンチョビバターの揚げニョッキ」¥990
Gnudi
東京都渋谷区神宮前3-41-2 岡本ビル1F
tel:03-6438-9392
営)17:00~23:30 L.O.(火〜金) 15:00~22:30L.O.(土)
休)日、月
Instagram:@gnudi_gaienmae

photography: Tomo Ishiwatari

【関連記事】
おいしくて可愛い店が、いまの気分。
朝から夜まで、世界の味を堪能!
ハレの日は、特別なフレンチで。

⚫︎掲載している料理や商品の価格は、標準税率10%もしくは軽減税率8%の消費税を含んだ価格です。取材時から、価格が変わる可能性があります。
⚫︎店によって、別途サービス料がかかる可能性があります。 
⚫︎掲載店の営業時間や定休日、掲載している料理は、変更になる可能性があります。最新情報は各店舗にお問い合わせ、もしくはHP等を参照ください。

*「フィガロジャポン」2023年6月号より抜粋

text: Megumi Komatsu

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories