ニッポンの小さな旅 京都 京都のいまを感じる、お休み処を巡ろう。

Travel 2020.09.21

「フィガロジャポン」の9月19日発売は「ニッポンの小さな旅へ。」。その中から京都をピックアップ。朝からおいしいワインが堪能できたり、京の肴がつまめたり、深夜もこだわりのコーヒーが飲めたり……。街歩きの合間にぴったりな、心安らぐお休み処。


AM 10:00

目覚めの一杯は、
フルーティなコーヒーから。

 

ウイークエンダーズコーヒー ロースタリー

コーヒー豆の管理環境・焙煎を第一に考えて誕生したのがこちら。ホンジュラスやルワンダなど、オーナー自ら農園を訪れてセレクトし、徹底的に温度や湿度を管理した豆が並ぶ。豆の個性を味わってほしいと、コーヒーはシングルオリジンで浅煎り。巨峰やパイナップルを彷彿とさせるフルーティな一杯は、坪庭の景色とあいまって、すがすがしい気分にさせてくれる。

200917-kyoto-02_MG_9605.jpg

焙煎所のため、店舗として営業するのは週末のみ。テイクアウトはないので、坪庭のベンチで淹れたてコーヒーを味わいたい。

200917-kyoto-01_MG_9637.jpg

ピュアですっきりとした「ドリップコーヒー」¥470

200917-kyoto-03-ch-_MG_9612.jpg

コーヒー豆も販売している。巨峰やブルーベリーといったフレーバーを感じるビクトル・トゥルフィージョの農園の「コロンビア」200g ¥1,447

ういーくえんだーずこーひー ろーすたりー
京都市下京区松原通御幸町西入ル石不動之町682-7
tel:なし
営)10時~17時
休)月~金
カード不可
www.weekenderscoffee.com

---fadeinpager---

AM 11:00

コンテナに寄り道して、
自家製パンとシャルキュトリー。

 

タレル

小路の脇に、昨年突如現れたコンテナ。キュートなオブジェや蛍光色をアクセントにした空間に立つのは、カフェやワインバーを長年経験したサービスのプロ。顔が見える造り手を軸に選んだコーヒーにワイン、お酒のおともにもなる手作りパンやハムなど、朝から夜まで同じメニューが楽しめる。休日の朝、ワインを片手にシャルキュトリー――ももちろんOK。楽しみ方は自分次第だ。

200917-kyoto-07_0-128.jpg

コンテナ19基、長屋3軒が並ぶ複合施設に立つ。

200917-kyoto-06_0-137.jpg

「ローストポークとパン」(¥550)に「ニンジンのサラダ」(+¥150)と「目玉焼き」(+¥100)を添えて。

200917-kyoto-05_0-143.jpg

ワインはすべてナチュールで、フランスとイタリアが主。ロワールのソーヴィニヨン・ブラン「ブランク」グラス¥1,000

たれる
京都市中京区油小路通御池下ル式阿弥町130 SHIKIAMI CONCON 01
tel:080-3799-7497
営)9時~18時L.O.
休)日
※ほか不定休あり
予約不可

---fadeinpager---

PM 3:00

笑顔こぼれる、
幸せな大人のおやつ時間。

 

キュー

昨春のオープン以来、スイーツ好きの心をわしづかみにしてきたキュー。みんなのお目当てはチーズケーキとドーナツ。店主が働いていたロンドンのベーカリーレストランのレシピをもとに、甘さを抑えるなどして改良を重ねた逸品だ。とろっとした食感にこだわったチーズケーキはとろりとしながらも軽やかで、ぺろりと食べられてしまう。思わず顔がほころぶおいしさだ。

200917-kyoto-08_MG_9464.jpg

テイクアウトも可能なカヌレやタルトが並ぶことも。

200917-kyoto-09_MG_9503.jpg

ホテルの枕のようなフワフワ感を目指した「カスタードドーナツ」。チーズケーキと選べる飲み物付きで1個¥2,000

200917-kyoto-04_MG_9473.jpg

季節のフルーツを添えた「ベイクドチーズケーキ」。カスタードドーナツ1個と飲み物付きで¥2,000

きゅー
京都市右京区龍安寺五反田町15
tel:075-406-0763
営)11時〜17時30分L.O.
休)月、火、金
※ほか不定休あり
要予約
www.kewkyoto.com

---fadeinpager---

PM 5:00

うつわもお酒もすべて日本産!
和のアペロを体験。

 

そ・かわひがし

国内外を飛び回り、日本の食と向き合ってきたカリナリーディレクター、中東篤志の新機軸は、コの字のカウンターが置かれた小さな店。お客さん同士の会話から、新たな“おいしい”が見つかるハブになればと造られた空間だ。そのきっかけが料理とお酒。定番のゴマ豆腐や土鍋で炊いたおにぎり、全国から集めた日本茶やスピリッツが揃い、アペロ感覚で訪れるのも楽しい。

200917-kyoto-10_0-179.jpg

居心地のいいコの字カウンター。

200917-kyoto-11_0-178.jpg

手前は、ゴマの香りを生かした「ゴマ豆腐」2個¥600。右は味噌と肉の旨味が詰まった「味噌プルドポーク」¥800。奥は、ほうじ茶をインフューズしたジンと梅酒を合わせた「スモーキープラム」¥1,600

そ・かわひがし
京都市左京区丸太町通川端東入ル東丸太町18-5
tel:075-748-1715
営)12時~13時30分L.O.、16時~22時L.O.
休)月末日
当日電話予約のみ受け付け
www.culinaryhub-so.com

---fadeinpager---

PM 11:00

ディナー後にほっとひと息、
深夜も最高のコーヒーを。

 

喫茶 百景

夜型人間だという店主が、映画やディナーの後にもおいしいコーヒーが飲める場所を求め、スタートした夜喫茶。一杯ずつ丁寧に淹れるブレンドコーヒーは、コクがありながらも最後にほんのりと甘味を感じる。コーヒーの味を邪魔しないようにと作られたチーズケーキも名脇役だ。コンクリート壁を背景に浮かび上がるオレンジ色の光やスピーカーから流れる音も心地よく、お休み前のリラックスにぴったりな場所。

200917-kyoto-12_0-198.jpg

3~4分をかけて丁寧にドリップ。

200917-kyoto-13_0-193.jpg

手前から、ブラジル、インドネシア、コロンビアの豆をブレンドした深煎りの「百景ブレンド」¥650、あっさりと仕上げた「バスク風チーズケーキ」¥500

きっさ ひゃっけい
京都市中京区富小路通錦小路下ル西大文字町601 山下ビル2F
tel:075-746-6950
営)15時~24時30分L.O.
休)火
予約不可 
カード不可
http://hyakkei-coffee.jp
madameFIGARO-cover-202011.jpg

ニッポンの小さな旅へ。


その土地ならではの食文化、大切に守られてきた伝統工芸、そこでしか出会えない風景。町おこしになったエシカルなチャレンジ、大自然でのグランピングや島暮らし……。ニッポンにはまだまだ知らない魅力がたくさんあって、かけがえのない経験や思い出をもたらしてくれる。いつかきっと行きたくなる。そんな愛すべき土地をご紹介します。

「フィガロジャポン」2020年11月号より抜粋
Amazon

※掲載店の営業時間、定休日、価格などは、取材時から変更になる可能性があります。

【関連記事】
日本の原点がここに! 奈良の長閑な道歩き&食べ歩き。

イベントやプレゼント、
特典満載のメゾンフィガロ会員へ

photos:YOSHIKI OKAMOTO, KOHEI YAMAMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories