in PARISFRANCE

  • SHOP・PARFUME

パリの街に似合う香りとは? 注目のフレグランス店。

By Kilianバイ・キリアン<1区>

美容天国・パリの注目アドレスを、生粋のパリジェンヌであるフィガロ ビューティストのひとり、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック=トゥアミが紹介。パリの街に似合うとヴィクトワールが評する、話題のフレグランスブランドをチェック。

paris-201504-19-bykilian01.jpg

左から、「Good Girl Gone Bad」195ユーロ、同じ香りでバッグに入れて持ち歩けるスプレー115ユーロ。白地に華麗な細工が施されリュクス。

コニャックの名門、ヘネシーの御曹司キリアンが手がけるフレグランスの、パリ初となる待望の路面店がオープンした。複雑でドラマティックな香調が特徴で、エレガントな白とシャープな黒のフラコンで展開。「しっかりした世界観を持つフレグランスは、この街によく似合うわ」とヴィクトワール。

paris-201504-19-bykilian03.jpg

シャープな黒いフラコンの「A Taste ofHeaven」各195ユーロ

paris-201504-19-bykilian04.jpg

フレグランスを染み込ませたセラミックを仕込んだペンダント。1カ月間香りが持続。以降はフレグランスをスプレー。195ユーロ~

paris-201504-19-bykilian02.jpg

カンボン通りの店内奥には、ゲストが寛げるサロンを設置。ゆっくり商品を吟味してショッピングできる。

INFORMATION

By Kilianバイ・キリアン<1区>

20, rue Cambon 75001

01・40・39・94・14

MADELEINE、CONCORDE

10時~20時 休)日 ※祝不定休 

AMEX、MASTER、VISA

www.bykilian.com/fr/

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos : JULIE ANSIAU, réalisation : KAORUKO YASUDA

※掲載情報はFIGARO 2015年4月号 別冊「パリ最新アドレスブック。」より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。