in PARISFRANCE

  • STAY・HOTEL

ゼロプラスチック。オイが始めるパリのホテルの新時代。

Hoy Parisオイ・パリ<9区>

paris-2001-hoy-paris-01.jpg

ホテルの創業者は若きシャルロット。

スペイン語で今日を意味するHoy(オイ)と名付けられたホテルが、パリ9区のマルティール通りに新年早々オープンした。2階にヨガスタジオを構えるホテルで、HoyはHouse of Yogaのイニシャルも兼ねている。1階には南米料理にインスパイアされた野菜料理のレストランMesaがあり、またホテル内の花を担当するChiaki KokamiによるLa Floreriaではブーケや花を販売。ここはウェルビーイング・ホテルと呼んでもいいのかもしれない。パリでは珍しいタイプのオイ・ホテル。これから生まれるホテルに大きな影響を与えるに違いない。設立者は、シャルロット・ゴメス・デ・オロズコという若い女性。こんなホテルが存在したら!という、彼女の夢が詰め込まれたホテルなのだ。

23室の客室。オーナー自身が手がけたインテリアには木やラフィアといった自然素材を用い、オーガニックのペイントで塗られた静かな色の壁には手仕事によるムラが生かされている。おもしろいことにテレビが客室に備えられず、その代わりにストレッチ用のバーが備えられ、またパリの水を備長炭で浄化して飲めるようにという配慮も。部屋に置かれたiPhone用のスピーカーは、メカを搭載していないシンプルな陶製である。

プラスチックゼロを目指し、環境に優しいホテルのオイ・パリ。オーガニックの洗剤やシャンプーなどの量り売りでパリジェンヌが愛用する11区のThe Naked Shopと提携し、バスルームのアメニティはガラスボトル入りの詰め替え式だ。ゴミ箱と歯磨き用カップは竹製。トイレットペーパーがリサイクル紙なのは当然だが、トイレブラシの素材は海藻!と、徹底している。ちなみに室内清掃にはビオの掃除洗剤を用い、スタッフの意識教育にも努めているそうだ。上階の部屋の窓からはパリの景色が眺められる、スタイリッシュなウェルビーイングホテル 。次回のパリ滞在、オイ・パリに泊まってみたくない?

paris-2001-hoy-paris-02.jpg

木のテーブルが美しく広がる、ロビースペース。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-03.jpg

南米料理にインスパイアされたホリスティック料理を提案するレストラン、Mesa。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-04.jpg

1階の奥に設けられた、アトリエ開催用のスペース。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-05.jpg

部屋によってはストレッチ用のバーが備えられている。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-06.jpg

メキシコで作られた、顔を手描きしたカップがチャーミングだ。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-07.jpg

廊下にもこのように花が飾られ、目を休ませてくれる。

paris-2001-hoy-paris-08.jpgparis-2001-hoy-paris-09.jpg

バスルーム内、竹製のカップ、陶製の歯ブラシレスト……ノープラスチックを実践。

paris-2001-hoy-paris-10.jpg

ヴィーガンの朝食も取れるホテル。photo:Sophia van den Hoek

paris-2001-hoy-paris-11.jpg

スイーツの店が軒を連ねるマルティール通りにあるオイ・パリ。ヨガ教室YUJの看板が目印だ。

INFORMATION

Hoy Parisオイ・パリ<9区>

68, rue des Martyrs 75009

071・77・37・87・29

PIGALLE

www.hoyparis.com

Google mapで開く

CREDIT

réalisation : MARIKO OMURA

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。