Blog

  • HOME
  • BLOG
  • デコラトリスによる洗練探しの旅
デコラトリスによる洗練探しの旅

銀座三越7階ステージ「夏のくつろぎ」

デコラトリスの多賀谷洋子です。

今週のスタイリング仕事は、三越銀座店7階リビングフロアー。

こちらにて、「夏のくつろぎ、インサイド&アウトドア」をテーマに、フレンチシックな初夏の暮らしをご紹介させて頂いています。

60619283_2281406805252606_5227838015212093440_n.jpg

エレベーター、エスカレーター共に面した「ステージ」という大きなスペースですので、御馴染みの方も多いのでは。

IMG_0279.JPG

さて、

連休中の阪急梅田本店さんに続き、今回の主役も「ガルニエティエボー」のハウスリネン。

テーブルウエアには、「メゾン・ドゥ・ファミーユ」と、ブラジルのアウトドアブランド「トラモンティーナ」を合わせ、カジュアルなランチテーブルをご紹介しています。

IMG_0247.JPG

今期、三越伊勢丹共通のカラーリングテーマは、「ディープブルーグリーン」「テラコッタオレンジ」

そのため、テーブルデコには、普段、自らはあまり使わないようなカラーと花材を取り入れたフラワーアレンジメント。

私にとっては、挑戦色ともいえるような色合いですが、合わせてみると意外にも、グレーッシュトーンのオリーブ色のクロスが全体を包み込んでくれています。

60543960_2281406601919293_8511138615181443072_n.jpg

60703057_2281457365247550_7838499504872488960_n.jpg

クロスはオリーブ柄のカジュアルなデザインですが、さすが、「メゾン・ドゥ・ファミーユ」のプラチナやガラス等のシンプルなもの、水牛のナプキンホルダーなどを合わせると、シックな雰囲気になります。

60338814_2281406548585965_3147865996065243136_n.jpg

アクセントには、取っ手がバンブー製キャンドル入れを。アースカラーのガラスもありそうでない色合いで素敵です。

足元に置くと、もっと雰囲気が出ますので、私としては、是非、家庭ではアウトドアでも使って頂きたいと思っています。

60552635_2281406741919279_1041587259280719872_n.jpg

偶然にも、拙宅のバルコニーは天然木に拘り、床材やテーブルセット等は全て「トラモンティーナ」社製。

お天気の良い日には、パラソルを広げてブランチやアペリティフ等で愉しんでいます。そんなこともあり、この場所には、是非ともパラソルを置きたかったのですが、

なんということか!消防法という大きな壁にぶつかってしまいました。

スプリンクラーが稼働する高さ制限が数十センチオーバーしてしまうとのことで、泣く泣く断念。代わりにワゴンを置き、上からグリーンを吊るして頂きました。

当初描いたイメージとは若干異なりますが、これはこれで、なかなかの雰囲気ではないでしょうか。

60249018_2281401415253145_436032673392099328_n.jpg

ワゴンのお隣には、リキュールとキャビアのサーバーをセット。

60438666_2281406681919285_6306039093302132736_n.jpg

本来、キャビアにはシャンパーニュやウオッカを合わせるのが一般的ですが、今回は、シャルトリューズをセレクトしています。

というのは、

前回のブログでは、https://madamefigaro.jp/blog/yoko-tagaya/?fbclid=IwAR25_v9y19HfFmkIBoKumrvdGWenMK1XucCxhtUF-zadi9_Bf48BOlHu6K0

昨年夏、グルノーブルにあるガルニエティエボー会長一族の別荘にお招きいただいたことをお書きしましたが、ディナーのお席で、かの地の銘産品であるシャルトリューズの秘蔵の大瓶を、会長が地下のセラーから出してきてくださり、食後の余韻を愉しんだことを思い出したからです。

そう、シャルトリューズは、私にとって夏の思い出の飲み物でもあるのです。

IMG_0276 (2).JPG

IMG_0274.JPG

フランスでの夏を思い出しながら、細部にまで拘って作り上げた空間には、きっと、皆様が心地よい夏を過ごせそうな商品が多数揃っています。

爽やかな初夏の風が吹き抜けるようなフレンチシックな空間、是非お出かけ下さい。

来週21日までの開催となります。

 

 

 

多賀谷洋子

食空間デコレーター。雑誌編集、外資系客室乗務員を経て、テーブルコーディネーターに。ブライダルやパーティ、商業施設から個人宅まで幅広くインテリアデコレーション手がける。雑誌やレシピ本のスタイリングでも活躍。パリスタイル主宰、フランスチーズ鑑評騎士の会 チーズシュヴァリエの顔も持つ。著書「美しくなるチーズレシピ:“チーズは太らない!”ダイエットも、アンチエイジングもチーズにおまかせ!」が話題。 http://paristyle.jp/

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。