プレイバック、私の青春。

あのころ私は、ローリン・ヒルに夢中だった。

あなたは10代、20代のころ、何に夢中になりましたか? 誰に恋い焦がれましたか? おしゃれに敏感なスタイリスト、バイヤー、デザイナーたちに聞く、甘酸っぱいような青春時代。第3回は、当時は下の名前で呼ばれることが多かったというファッションブランドELINのディレクター、榎本実穂さんに登場いただきます。

特集

January 9, 2019

歳の離れた姉の影響で、小学生で古着やアメカジ、トラッドに目覚めました。足元はワラビーで、バッグはエルエルビーン。買い物フリークな母親のDNAが強いのかもしれません。小、中、高とバスケットボール部で毎日地獄のような猛烈な練習をしていたのですがたまの休みには新宿のフリマに通って古着をあさる。そんな早熟小学生でした。

その反動もあってか、高校で部活を引退してから20代前半まで、今度はブラックミュージックにどはまり。ヒップホップにR&B、そしてレゲエ。音楽のみならず、そのカルチャーやファッションにも夢中になり、“夜の”クラブ活動を存分に楽しんでいました。家ではミックステープかレコードで音楽を聞いていました。

その中心にいたのが、ローリン・ヒル。最初にフージーズ時代の音にはまりました。ヴォーカルを担当していた彼女の歌声はもちろん、ファッション、髪型、メイク、全てのセンスに魅せられました。特にMTVのライブ番組「アンプラグド」で見た、3ピースのスーツスタイルが忘れられません。パンツの裾がフレアになっていて、ツイードのような素材感だったことまで鮮明に覚えています。ヘアはショートドレッド。アコースティックギターでアカペラの姿がいまでも脳裏に焼き付いています。

彼女のセンスはいつも独特で、クラシックな要素をベースに、“ネイティブアメリカン”や“ブラックカルチャー”といった自分のルーツをいかしていた印象があります。デニムの取り入れ方から、ボーイズライクな着こなし、レイヤードのテクニックにいたるまで……。そして大きなフープのピアスとメイクで女性らしさを加えるのです。影響されて、自分もドレッドヘアにして、大きなフープピアスをしていました。

そんな趣味が高じて、大音量でブラックミュージックが流れているアクセサリーショップでアルバイトをすることに。ご機嫌な音の響く店内で大きなフープピアスを毎日つけていたのでピアスの穴が広がってしまいました(笑)。そんなバイトの経験から好きなアクセサリーの幅も広がり、ネイティブアメリカンのズニ族のジュエリーにもはまりました。いまでも捨てられずに大切に取ってあります。

いま振り返ると、バスケットボールにすべてを捧げていた学生時代も、バッシュはアシックス全盛期にあえてのリーボックでした。相当な練習量だったため、本来機能性を重視すべきところ、やはり見た目重視でしたね。ものすごく重くて、足の疲労がすごかったです……。ショーツの下に履くスパッツやサポーター、ジャージの着崩しなど、せめてものおしゃれポイントを見つけて個性を主張していた気がします。

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。