李家幽竹先生監修、2021年の開運ギフト。#19

料理のベースは運のベース! 多彩な出汁のギフト。

特集

お鍋やおせち料理など、家でのごはんに欠かせないのが出汁。風水師の李家幽竹先生によれば、出汁は開運のカギを握るラッキーフード。老舗が作る本格派から、食育にも活用できそうな野菜出汁まで、贈ればきっと喜ばれるバリエーション豊かな出汁のギフトをご紹介。

さまざまな出汁の味を知ることで、運が豊かに。

食材の中では、出汁が開運をもたらすカギに。料理のベースとなる出汁は、同時に運のベースでもあります。カツオ出汁、昆布出汁、いりこ出汁、コンソメや鶏ガラスープの素など、出汁のバリエーションを増やして運のベースも豊かにしましょう。とはいえ、自分ではつい使い慣れた出汁を選びがちなもの。だからこそ、ちょっとしたギフトとして喜んでいただけそうです。高級スーパーやデパート、ネット通販などで、こだわりの逸品を探してみましょう。きちんと出汁をとること自体も開運アクションですが、ギフトには、便利な出汁パックもおすすめです。

李家幽竹

Kayanoya|人気ブランドの3種セットは、料理読本付き!

201117-dashi-gift-01.jpg

東京ミッドタウンをはじめ、全国に店を構える人気ブランド、茅乃舎。その起源は古く、明治26年にまで遡る。福岡県の久原村にできた小さな醤油蔵からスタートし、時が経ってスローフード運動の影響により素材の持ち味を生かすレストランを経営したところ「この味を家でも作りたい」という声が上がった。そうして家庭でも簡単に使用できる出汁パックなどの商品が誕生。さまざまな種類がある中で、ギフトにおすすめなのは基本の3種類の詰め合わせ。一番人気の「茅乃舎だし」はアゴをベースにした九州らしい味で、うどんやお雑煮に欠かせない。「野菜だし」は、そのままスープにするだけでなく、パスタなどにもアレンジ可能。そんなことも教えてくれる、3種の出汁を使ったレシピを紹介する料理読本付きなのもうれしい。
茅乃舎だし(8g×5袋入り)・煮干しだし(8g×5袋入り)・野菜だし(8g×5袋入り)のセット。3種の出汁を使ったレシピを紹介したお料理読本付き。¥1,250/茅乃舎

---fadeinpager---

Uneno|古式製法により丁寧に作られたカツオ節が、出汁パックに。

201117-dashi-gift-02.jpg

京都の無添加出汁ブランド、うね乃では、先々代から使い続けているカツオ節削り器を使い、麹カビの力を借りてじっくり旨味を引き出したカツオ節を、用途に合わせて削り分け。頑ななまでに古式製法を続けている。そんな話を聞けば聞くほど、「手軽な出汁パックにこんなに手がかかっているなんて」とありがたくなる。4種の詰め合わせは、そのカツオ節のおいしさがふんだんに味わえる「黄」のほか、大豆やキャベツ、ニンジン、タマネギなどを使った野菜出汁「緑」、イワシとサバを使ったコクのある「赤」、マグロ節と羅臼昆布の「金」の詰め合わせ。どれも生産者との繋がりを大切にした素材を使用。食塩不使用なので、アレンジは自由自在。
おだしのパックじんミニ 4種セット¥2,484/うね乃

うね乃 Uneno
https://odashi.com

---fadeinpager---

HOSHIKO|熊本野菜を余すところなくいただく野菜出汁。

201117-dashi-gift-06.jpg

「野菜を通して、みんなが健康で幸福になる」というテーマを掲げ、2010年に誕生したHOSHIKO。熊本野菜を乾燥させ、いろいろな商品に加工するというユニークな“乾燥野菜”ブランドだ。「畑のおだし」には、甘味の強いタマネギをベースに、キャベツ、ニンジン、セロリ、トマト、ショウガ、ダイコン、ゴボウという8種類の野菜と、シイタケ、エノキの2種類のキノコ、そしておからが入っていて、熊本県産野菜のおいしさがそのまま食卓に届く。煮出して使うのがベーシックだけれど、パックを開けて、粉末を炊き込みご飯に入れたり、パスタソースに入れたりしてもいい。煮出した後のパックを切って中身を取り出し、餃子や肉団子の具材として混ぜこむのもおすすめ。無駄がないうえ、食物繊維がたっぷり摂れる優れものだ。
畑のおだし 8袋入り¥1,058、20袋入り¥1,998/HOSHIKO

---fadeinpager---

AKOMEYA TOKYO|珍しい鶏節が入った、レトロで可愛い5種セット。

201117-dashi-gift-03.jpg

お米や素朴なお菓子、土鍋などの台所用品、素敵な箸やお椀といった食器など、食まわりを中心としたアイテムが揃うセレクトショップ、アコメヤ トウキョウ。多数あるオリジナル商品の中で特に人気なのが出汁セットだ。焼きあご、煮干し、かつお、野菜、鶏節の5種がセットになった、レトロで可愛いパッケージ。プレゼントに最適な箱入りだが、自分用に買ったなら、ほかではあまり見かけない鶏節をまず使ってみたい。鶏料理が郷土料理である鹿児島の鶏を蒸しあげてスモークし、カツオ節作りのプロが手がけた鶏節は、思いのほか油っぽくなく、上品な風味。シンプルな鍋のスープに、洋風のポトフに、炊き込みご飯にと活躍しそう。
アコメヤの出汁5種セット(焼きあご・煮干し・野菜は8g×5袋、かつお・鶏節は10g×5袋入り) 謹製箱付き¥2,765

アコメヤ トウキョウ AKOMEYA TOKYO
www.akomeya.jp

---fadeinpager---

SAISON FACTORY|3種の出汁の特徴を、料理によって使い分け。

201117-dashi-gift-04.jpg

ジャムやフルーツソース、野菜ベースのドレッシングなど、季節のおいしさを閉じ込めた商品を販売するセゾンファクトリーが、京都の専門店「福島鰹」とコラボレーションした本格的な出汁パックを販売開始。福島鰹は、日本各地の生産者から良質の魚を仕入れて節にし、オリジナルブレンドによって深みと旨味のあるカツオ節を製造。今回登場したのは、味噌汁などによく合う「旨味だし」、蕎麦つゆや関東風の醤油の味付けに合う濃いめの「深味だし」、うるめ節やサワラの煮干しなどもブレンドされ、関西風の出汁巻き卵など薄口醤油と相性のよい「清味だし」の3種類。はっきりと特徴を打ち出すことで、作りたい料理、作りたい味が思うように出来上がる。化学調味料をいっさい使わず、国産の原料のみを使用している。
京都・福島鰹×セゾンファクトリー「旨味だし」「清味だし」 各¥540、「深味だし」 ¥594 (各5袋入り)

セゾンファクトリー SAISON FACTORY
www.saisonfactory.co.jp/event/dashi.html

---fadeinpager---

Hayashi Kyuemon Shouten|福岡の老舗カツオ節専門店の香り豊かな本格出汁。

201117-dashi-gift-05.jpg

おいしいものにはいつだって理由があり、見えないところで手間ひまがかかっているもの。そんな手間ひまかけた逸品を集めたウェブサイトが「てまひまオンライン」。ストーリーのある選りすぐりの商品が並ぶ中で注目なのが、福岡県で明治時代から続くカツオ節専門店、林久右衛門商店の出汁パック。カツオ節は、鹿児島県枕崎で水揚げされるカツオを直接仕入れ、港の近くで多くの職人たちの手を経て作られる。そこに、長崎県産のイワシ煮干し、国産シイタケ、北海道産の昆布をブレンドし、化学調味料や保存料、香料無添加、食塩不使用で仕上げた天然出汁。パッケージを開けた時から、吸い込まれるようないい香り! クリアな出汁が、確実に料理の腕と味を上げてくれる。
「久右衛門あわせだし」(10g×15袋入り)¥756(送料別)/林久右衛門商店(てまひまオンライン)

てまひまオンライン temahima online
https://temahima.jp/collections/seaweeds_dashi/products/hayashi_001
李家幽竹  Yuchiku Rinoie
韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行い、その女性らしい独自のセンスで展開する風水論をもとに、開運のスペシャリストとして多くの女性たちが支持。毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版するなど著書も多数。出版書籍は200冊を超える。https://yuchiku.com

李家幽竹先生監修、2021年の開運ギフト。記事一覧へ

【関連記事】
李家幽竹先生が語る、2021年への3つの開運アクション。
会えない時こそ思いを託して。この冬、ギフトが持つ意味とは。
おいしさと幸運を込めて、みんなに配りたいプチギフト。
いまワインを贈るなら、運気を浄化する白ワイン!

photos : JOHN CHAN, texte : HARUKO MURAKAMI (YUCHIKU RINOIE), CHIEKO ASAZUMA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。