in NEW YORKUSA

  • EAT・FUSION

ノーマ系譜の料理を、ニューヨーク近郊の食材で。

Agernエアン〈ミッドタウン〉

あのデンマークのノーマ創業者のひとりがニューヨーク・ミッドタウンにオープンしたレストラン。

ny-201609-77-agern-001.jpg

フロアにはオーク材を使用し、温もりある印象に。

いまや世界的ブームといっても過言ではない北欧料理。それを象徴するかのように、グランドセントラル駅内に堂々誕生。プロデュースしたのがノーマの創業者のひとり、クラウス・マイヤーだけあって味はお墨付き。北欧料理の特徴である発酵など、デンマークの伝統的な技法を生かしながらも、食材はニューヨーク近郊の新鮮なものにこだわる。同じくクラウスが手がけたデリやバーも隣にオープンするなど、ブームはますます加速しそう。

ny-201609-77-agern-002.jpg

発酵したビーツをベースにハックルベリーやホースラディッシュを合わせた塩気のある「Salt and Ash Baked Beet Root 」22ドル

ny-201609-77-agern-003.jpg

さっくりとした歯触りの牛ハツを、ドライにしたハーブの粉と。「Beef Heart」18ドル。食材を無駄にしないようノーズ・トゥ・テイル を目指す発想も北欧ならでは。

INFORMATION

Agernエアン〈ミッドタウン〉

Grand Central Terminal, 89 East 42nd Street Grand Central Terminal, 89 E 42nd St, New York, NY 10017

646・568・4018 

Ⓢ GRAND CENTRAL - 42 STREET

11時 30分〜14時30分L.O.、17時30分〜22時L.O.( 月 〜金) 17時30分〜22時L.O.( 土) 17時30分〜 21時L. O.(日) 無休

AMEX,DINERS,JCB,MASTER,VISA

agernrestaurant.com

Google mapで開く

CREDIT

photos:MICHIKA MOCHIZUKI, coordination:JUNKO TAKAKU / ABSOLUTE

※掲載情報は「フィガロジャポン」2016年9月号より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。