in PARISFRANCE

  • EAT・ETHNIC・DELI

軽食タイ料理が人気のパリ、リトルバンブーでお持ち帰り。

Little Bambouリトルバンブー<2区>

paris-1910-little-bambou-01.jpg

リトルバンブーはジュヌール通り22番地。パリジェンヌがこよなく愛するSézaneの近くだ。photo:Michel Figues

その昔、布の問屋が軒を連ねていた2区のジュヌール通り。いまや、食のストリートである。3年前にオープンしたタイ料理のレストラン、バンブーが起爆剤となり、通りが活性したのだ。

そのバンブーが最近、テイクアウト専門のリトルバンブーを開いた。本家が庭も含めて広々とした店なだけに、確かにこちらはリトルである。バンブーと同じくクレマンス&クレマンによる内装は、タイの小洒落たお店に迷い込んだような雰囲気でとってもチャーミング。

最近、ランチはテイクアウトが当たり前のパリ。店で行列を避けるべく、早めの時間にランチをとるようにしている若者たちが少なくない。リトルバンブーにも開店と同時に、ぼちぼち人が集まりだす。前菜やデザートといった冷たい品は冷蔵庫に並べられているので、これをセルフで。ココナッツ味のスープ、鳥のサテソース、エビの春巻き、グリーンカレーなど温かい料理は、オープンキッチンで用意される。

メニューを考案したのは、6区のQuinsouのシェフで最近同じ通りの肉屋ラ・ブーシュリー・ドゥ・グレゴワールのオーナーにもなったアントナン・ボネだ。リトルバンブーの料理はテイクアウトといえど、侮れないおいしさである。店の前やジュヌール通りに並ぶベンチに座って、タイのストリートフードを味わってみては? いまのところランチタイムだけの営業というのが、ちょっと残念。

paris-1910-little-bambou-02.jpg

タイルが可愛い店内。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-03.jpg

店内から外を眺めると、気分はバンコク!?

paris-1910-little-bambou-04.jpg

店内には、こんなコーナーも。

paris-1910-little-bambou-05.jpg

オーダーを受けてから温かい料理をオープンキッチンで料理人が準備する。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-06.jpg

タイ料理に必要なスパイスが並ぶキッチン。

paris-1910-little-bambou-07.jpg

「スパイシー・ココナッツミルク・スープ」はチキン(9ユーロ)、エビ(10ユーロ)、野菜(7.5ユーロ)の3種。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-08.jpg

「チキンのサテソース」(7ユーロ)。メインはこのほか、「エビ春巻き」(6ユーロ)、「スパイシー豚肉団子」(7ユーロ)がある。これに「ジャスミンライス」(2ユーロ)か「野菜炒め」(3ユーロ)を添えると、お腹がいっぱいに。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-09.jpg

「レッドカレー・チャーハン」もチキン(10ユーロ)、エビ(12ユーロ)、野菜(9ユーロ)の3種。グリーンカレーも3種同じ価格である。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-10.jpg

デザートは3ユーロ〜。「マンゴー&スティッキーライス&ココナッツミルクのデザート」(写真)は5ユーロ。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-11.jpg

店内、このようにメニューが掲げられている。photo:Michel Figuet

paris-1910-little-bambou-12.jpg

店の前にはベンチが置かれている。

INFORMATION

Little Bambouリトルバンブー<2区>

22, rue des Jeuneurs 75002

01・40・28・98・30

BOURSE, GRANDS BOULEVARDS

12時〜15時

Google mapで開く

CREDIT

réalisation:MARIKO OMURA

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。