カトリーヌ・ドヌーヴの魅力溢れるヘアスタイル変遷。

特集

カトリーヌ・ドヌーヴは50年にわたってフランス映画界で活躍を続ける。『ロバと王女』(70年)から『8人の女たち』(2002年)にいたるまで、いずれの映画でも彼女のブロンドの巻き髪は目を引く美しさだ。今年10月に75歳の誕生日を迎えたドヌーヴの、印象的なヘアスタイルを紹介しよう。

181129-le-cv-capillaire-de-catherine-deneuve.jpg

変わらない美しさと、映画界での確固たる人気を誇るカトリーヌ・ドヌーヴ。(ニューヨーク、1988年2月1日)photo : Getty Images

シャルル・ペロー原作、ジャック・ドゥミ監督の映画『ロバと王女』では、印象的な太陽のような色のワンピースを纏い、艶やかなロングのブロンドヘアを、ふっくらした低い位置のポニーテールでまとめている。その6年前には、同監督作品『シェルブールの雨傘』(64年)にも主演。この作品はドヌーヴの女優としての出世作としても知られ、第17回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞している。この伝説的なミュージカル映画の中で、ドヌーヴはブロンドの髪をポニーテールにして細いリボンを着けているが、このヘアスタイルは60年代に大人気となった。

ボリューム感のあるヘアスタイルは、ドヌーヴの象徴。

70年代、ドヌーヴの定番ヘアスタイルであるオールバックや外ハネ、そして大ぶりのカールが登場。当時のドヌーヴは、シャネルの広告モデルに抜擢され、大物映画女優としてのキャリアを印象付けるものであった。ドヌーヴはこの大ぶりのカールヘア、そしてボリューム感のあるヘアスタイルを93年まで続けた。

レッドカーペットに登場する際などは、シックなまとめ髪や編み込みをするものの、ドヌーブ自身は下ろした髪を好む。

カトリーヌ・ドヌーブのヘアスタイル遍歴。

魅惑のブロンドヘアの真実とは?

ブリジット・バルドーやマリリン・モンロー同様、カトリーヌ・ドヌーヴもブロンドヘアで有名だが、実は彼女の地毛はブルネット(栗毛)であった。

ドヌーヴは19歳の時に初めて髪の色を染めている。10年、「L'Express」のインタビューに彼女はこう答えている。「当時19歳だった私は、ブロンドの髪の方が男性をより惹きつけると考えたの。でも、まったくの間違いだったわ」

そう述べる一方、彼女の女優としてのキャリアの大半(97年から05年の間を除く)はブロンドで過ごしている。美容師のクリストフ・ロビン氏が彼女のヘアカラーを担当している。75歳を迎えた現在もドヌーブは、太陽のように輝くブロンドヘアをキープし、第一線で活躍し続ける。最近ではエマニュエル・ベルコ監督作品の『ミス・ブルターニュの恋』(13年)や『太陽のめざめ』(15年)、マルタン・プロヴォ監督作品で女優カトリーヌ・フロと初共演したことでも話題となった『ルージュの手紙』(17年)などに出演している。

【関連記事】
ヴァネッサ・パラディの、ヘアスタイル変遷。
ブレイク・ライブリーの、こだわりヘアスタイルに注目!
キャサリン妃の美しいヘアスタイルを作る秘密道具。

texte : Julia Avellaneda, Laurène Saby (madame.lefigaro.fr), traduction : Hanae Yamaguchi

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。