フォーシーズンズ東京大手町で、プチヴァカンス。

年に少なくとも1度は海外で休暇を過ごすことでリセット&リフレッシュをしていた編集SKですが、今年はそれができなくてストレスがたまるいっぽう。日本で海外に行ったような気持ちになれるところって?……それ、大手町にありました。最新号、フィガロジャポン2月号「旅する気分で、東京のホテル。」でどーんと特集しています。

地下鉄の駅からオフィスフロアを抜けて到着する39階は、天井が高く、とにかく広く、アップテンポな音楽が流れていて、海外のホテルに到着した時の高揚感がよみがえります。

なんといってもアガるのが、プール!

201216-IMG_1435.jpg

フォーシーズンズホテル京都のプールにもちょっと似てる。

アルミニウム打ちっぱなしのキラキラのプールは、初めて見る感動と、実際泳ぐと水の中から音楽が聞こえてくる楽しさ。プールサイドにはふかふかのソファ。ここで本読んでうとうと、ビーチに行けなくてもヴァカンス気分になれる幸せ……。

このスパ&フィットネスゾーンは、アプローチからして普通じゃなくて、わくわくするんです。

201216-IMG_1424.jpg

作家ものの陶磁器など、センスのいいライフスタイルアイテムが並ぶ。スパ受付は奥左。

201216-IMG_1438.jpg

フィガロジャポン12月号「ジャパンビューティ、再発見!」で紹介した、ネモハモもセレクトされていました。

フィットネススタジオは驚くほど広く、景色の良さは圧巻。普段、ホテルでジムを利用しない私でも、ちょっとマシン使おうかなと思うほど。温浴施設には日本的な大きなお風呂があり、スカイツリーが眺められます。

さっそくのスパでは、屋久杉の精油をブレンドした米ヌカオイルを使い、屋久杉の粉末でスクラブも行うYakusugiフォレストリニューアルがシグネチャー(120分¥46,200)。

201216-IMG_1427.jpg

トリートメントルームは5部屋で、ひとつがカップルルーム。

Yakusugiマッサージ(60分¥31,900~)のメニューでも同じオイルを使うので、今回はこちらを体験。屋久島の雨を思わせる細かくつまむような手技で、凝りやすい首肩を重点的にほぐされます。香りと同じくとても繊細なタッチ。いっぽうで印象的だったのは、あばらの脇や肩甲骨のつまりを“はがす”みたいな強めの圧。このおかげで呼吸が一気にしやすくなりました。森の香りを吸い込んで、かなりのリフレッシュ。

ボディにはイギリスのネオムのアロマを使うメニューもあり、この時はフェイシャルを行っていなかったけれど、LEDや超音波マシンを使うメニューもあるようで、和の要素だけではない幅広さに興味津々。

---fadeinpager---

スパとは対照的に、客室のアメニティはなんとフレデリック・マル。

201216-IMG_1430.jpg

オードゥ・マグノリアは花の香りと思いきや、フレッシュなシトラスなのでユニセックスに使えるのでした。

201216-IMG_1414.jpg

まあるいバスタブはフォーシーズンズ丸の内 東京とつながりを感じる。

201216-IMG_1416.jpg

目の前に皇居、その先には東京タワーも見える眺めの客室にお泊まり。パレスホテルと同じく「気」がいい。

201216-IMG_1434.jpg

買って帰りたかった、裏がワッフル地のジャージー素材パジャマ。超快適。

さて。夕暮れのラウンジでは外国人奏者による生演奏が始まって、“日本じゃない感”が高まります。ここではシャンパンのフリーフローもやっているそうで。
ライブラリーを抜けた先のバーには、シグネチャーカクテルのメニューが本になるくらいあって、ここでアペロを楽しんだら、ディナーへ。

ホテルのあちこちに和のテイストがふんだんにありつつ、海外のような空気も流れていて。チェックアウトした後もヴァカンスから帰ってきた時のふわふわとした気持ちでいられました。海外が恋しくなったら、また行こう、それもまたすぐに、と思うのでした。

最新号は、そんな旅する気分になれる東京のホテルを特集。スパは“ウェルネス”をテーマに10軒紹介しています。ぜひご覧下さい。

フォーシーズンズホテル東京大手町
東京都千代田区大手町1-2-1
tel : 03-6810-0600
www.fourseasons.com/jp/otemachi

ザ スパ
tel : 03-6810-0660(直通)
営)10時~22時
※料金には15%のサービス料が別途加算されます。

【関連記事】
新たなフォーシーズンズホテルが大手町にオープン。
大人都民の小さな旅、Go to ホテルスパ。
ジ・オークラ・トーキョーのスパ&ステイ。
ハイアット リージェンシー 東京のスパで、夏疲れにホッ。

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。