クラフトビールの“いま”を味わう3軒。 #01

心地よくて親密な味わい、地元応援型クラフトビール。

暑い日に飲みたいのは、何と言ってもビール! 地域への愛を感じられるビールから、最近再び注目を集めるドイツビール、そして夫婦で営むマイクロブリュワリーまで、クラフトビールの“いま”の気分を味わえる3軒を紹介。

特集

July 5, 2019

ふたこビール醸造所(二子玉川)

“ビールで地域を元気に”というブリュワリーが全国的に増えている。世田谷の二子玉川に誕生し、2018年、人気飲食店が並ぶ柳小路に実店舗をオープンしたふたこビール醸造所も、「ビールを通して地域と深く繋がる」ことをコンセプトにしたブリュワリーだ。7月には、ついに店内醸造がスタートする。

190622_futako_beer_01.jpg

スタイリッシュだが、肩肘張らない雰囲気。読書をしたり、軽食を食べたりしながらビールを楽しむ人も。

いよいよ店内醸造がスタート!

ふたこビールは、地域に住む人たちの、街においしいビールがあったらいいな、という思いから始まったプロジェクト。ビールには人と街、そして人と自然をゆるやかに繋げてくれるパワーがあると気づき、オーナーの市原尚子さんらが醸造を開始。世田谷育ちのホップでビールを仕込み、近隣の街のコーヒーショップとコラボレーションするなど、地域イベントにも積極的に参加する中で、その気づきはどんどん確信へと変わっていったという。

代表ビールの「フタコエール」は心地よい香りとしっかりした旨味を持つペールエール。王道的な味わいで飲み飽きず、誰もが親しみやすい味わいはどこか、二子玉川という街の雰囲気にも似ている。ゆるやかさと自由さが魅力的なクラフトビールが繋ぐ素敵な“縁”を見つけに、二子玉川へ出かけてみよう。

190622_futako_beer_02.jpg

自家醸造のビールをはじめ、醸造所から醸造所へと紹介式で“バトンが繋がれていくゲストビールも用意。

190622_futako_beer_03.jpg

ふたこビールが最初に作ったビールの復刻版「フタコエール」¥680。コク、旨味、キレのバランスが秀逸。「じっくり火入れした厚切り豚のポークソテーと旬野菜」(¥1,380)は低温調理した厚切りの豚肉と、世田谷・香取農園の朝採れ野菜のグリル。今回はトマトやナスを使用。プラス¥200でライスかバゲットを付けられる。

190622_futako_beer_04.jpg


ランチタイム(11:30〜16:30)には「ちびビール」も用意(各¥300)。左から、コーヒースタウトスタイルの「コーヒービール」、ホワイトエールスタイルの「ハナミズキホワイト」、「フタコエール」の3種類。「コーヒービール」の副材料のコーヒー豆は、同じ世田谷の用賀にあるスペシャルティコーヒー専門店「ウッドベリーコーヒーロースターズ」のもの。

190622_futako_beer_05.jpg

「コーヒービールフロート」¥880。「コーヒービール」にバニラアイスをオン。ビールの苦味と炭酸がコーヒーの香り、アイスの甘味と絶妙にマッチ。

ふたこビール醸造所
東京都世田谷区玉川3-13-7 柳小路南角2F
Tel. 03-6411-7125
営)11:30~23:00 無休
http://futakobeer.com

【関連記事】
いま、ビールについてもっと知りたい! INDEX
いま飲みたいのは、軽快で爽やかな下面発酵のビール。
造り手の個性が光る、上面発酵のビール16選。
いま再び、ドイツのクラフトビールが熱い!
自由な発想で夫婦が営むクラフトビール&カレーの店。

photos : SHINTARO OKI (FORT), réalisation : KEIKO KODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。