クラフトビールの“いま”を味わう3軒。 #03

自由な発想で夫婦が営むクラフトビール&カレーの店。

暑い日に飲みたいのは、何と言ってもビール! 地域への愛を感じられるビールから、最近再び注目を集めるドイツビール、そして夫婦で営むマイクロブリュワリーまで、クラフトビールの“いま”の気分を味わえる3軒を紹介。

特集

July 6, 2019

アンドビール(高円寺)

最近はマイクロブリュワリーよりもさらに小規模な“ナノブリュワリー”が増えているが、高円寺に醸造所と店舗を構えるアンドビールは、そのなかでもとりわけユニークな存在。ビール醸造を担当するのは安藤祐理子さん、一からスパイスを配合したカレーを作るのは安藤耕史さん。それぞれの得意分野を生かし、夫婦二人三脚で店を営んでいる。

190624_and_beer_01.jpg

明るい陽光が差し込む店内。開放的な雰囲気が心地よい。今年の2月に醸造スペースを店舗内から近くのガレージへと移築。

ビールとカレーの相思相愛コンビネーションを堪能。

「カレーに合うビールを」と祐理子さんが作るのは、ビール好きの好奇心をかきたてるアイデアフルなものが多く、旬の果物を使ったビールや、最近は乳酸菌飲料を使い、発酵させたサワー系ビールにもチャレンジ。今年の2月に醸造スペースを店舗近くに移設・拡張したことで独創性を貫いたビールづくりへの意欲がますます高まっていると祐理子さんは話す。

「ビールに合うカレーを」と話す耕史さんはインドやネパールなどを巡り、独自にカレーを学んだとあって、こちらも枠にはまらない自由度の高いカレーを追求。八丁味噌を使ったキーマカレーなど、常時3種揃えるカレーとクラフトビールの“相思相愛”な味わいがハッピーな気分を運んでくれる。

190624_and_beer_02.jpg

左から、「呉キレキレモン」¥648。広島の呉市・豊島のレモン果汁をしぼり、丁寧にレモンの皮だけをピーラーでむいて漬けこんでいる。「日替わりカレー2種がけ」¥1,026。この日はフレッシュな青トウガラシとココナッツミルクたっぷりの「ケララチキン」と「八丁味噌キーマ」。刺激的なスパイス使いがクセになる。

190624_and_beer_03.jpg

左から、「RED HOT CHILI PORTER」¥540。飲み口はすっきりしているが、トウガラシを使用しているため、喉の奥にじんわりとした辛味が。スパイスや青トウガラシ、ニンニクとマリネした「なんこつのアチャール」(¥453)と相性バツグン!

190624_and_beer_04.jpg

店は高円寺駅から徒歩8分ほどのマンションの一角に。隣にはコーヒーショップが。

190624_and_beer_05new.jpg

ビールをテイクアウトして店前のハンモックでチルアウトも可。最高に贅沢!

アンドビール
東京都杉並区高円寺北4-2-24 A105 ☎080-5913-8241
営)11:30~14:00、17:00~22:00(水〜金) 11:30~22:00(土) 11:30~21:30(日)
休)月、火 ※祝日は営業。不定休あり。下記フェイスブックなどをご確認ください。
https://www.facebook.com/andbeerkoenji

【関連記事】
いま、ビールについてもっと知りたい! INDEX
心地よくて親密な味わい、地元応援型クラフトビール。
いま再び、ドイツのクラフトビールが熱い!
いま飲みたいのは、軽快で爽やかな下面発酵のビール。
造り手の個性が光る、上面発酵のビール16選。
イメージが変わる! 通に愛される自然発酵のビール。

photos : SHINTARO OKI (FORT), réalisation : KEIKO KODERA

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。