Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜

手軽に美味しくTartine☆

☆パリブログ☆

そもそもイタリアンなブルスケッタが大好き♡

それがきっかけでパリ暮らしスタート当初にハマってしまったのが、フランス版オープンサンドイッチといった感じの『Tartine』(タルティーヌ)

6r1mDOKTRxbdtQb1695132495_1695132501 copy.jpg

一時期足繁く通っていたのが(こちらのブログを始める5年くらい前)パリ6区の人気ブーランジュリ『Poilâne』(ポワラーヌ)に併設されたタルティーヌ専門店なカフェ『Comptoir Poilâne』(コントワール・ポワラーヌ)

10386320_696751020371397_8570453829543033620_n copy.jpg

ここで初めて食べた時、ブルスケッタやピザトーストの感覚で手掴みでパクッと食べた私に隣に座っていた年配ムッシュが、

「マドモアゼル(あの頃は君は若かった…)、タルティーヌはナイフ&フォークで食べてね」と。

周りを見ると確かにパリっ子たちは皆ナイフ&フォークで食べていた。

手掴みパクパク状態の自分がちょっと恥ずかしく、なんだかワイルドに感じた瞬間…。

Collagetata.jpg

以来、タルティーヌを食べる時はカフェでも自宅でもナイフ&フォークです。

(関連記事→https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/le-pain-quotidien-1.html

そんなタルティーヌ はカフェで食べることも多いですが、最近はもっぱら自宅メニュー。

スーパーで売っているMax Poilâneのパンを使って、お好み仕立て。

IMG_3926 copy.jpgピスタチオペーストの上に生ハム乗せ。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/alicospesto-de-pistache.html

IMG_3930 copy.jpg

ショコラ&チーズもすっかり我が家の定番タルティーヌ。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/post-507.html

タルティーヌは、シュクレな甘系、食事的なサレ系、お腹の空き具合に合わせて上に乗せる具材でボリュームはいくらでも調整でき、季節の食材、好きなものを乗せるだけで簡単に完成。

私の中では「おにぎり」「おはぎ」のような存在・位置づけ☆

IMG_6225 copy.jpg

最近のヒットは、プチポワ(グリンピース)タルティーヌ 。

マッシュルーム、ハム、ガーリックと一緒にソテーしたものを乗せて食べてみたところなかなか美味しくて♡

IMG_6226 copy.jpg

こちらは、イタリア食材専門店『Eataly』(イータリー)で見つけた『Frantoio Sant'Agata』のオリーブとアンチョビのスプレッド。

(関連記事→ https://madamefigaro.jp/paris/blog/keico/eatalyvol1.html

ブルスケッタ 用とは言え、これをカンパーニュに塗ってパルメザンチーズを削ったらイタリアンなタルティーヌ に。

(そんな1枚を撮り忘れてしまった…)

IMG_9666 copy.jpg残りをパスタソースとして使ってみたら、これまた美味しくいただけました。

IMG_2714 copy.jpgそう言えば以前あるレストランでいただいたラルド&黒トリュフのタルティーヌも忘れらない美味しさ。

これからの季節は、あれこれキノコを使ったタルティーヌにトライしたいところ。

<info>
Comptoir Poilâne
8 Rue du Cherche-Midi, 75006 Paris
01 45 48 45 69
 

*****おまけのジャポン****

ミドレンジャー(スーパー戦隊ヒーロー)緑なコーデを繰り返していた夏。

秋は何レンジャーに変身しようか…

Collage copy.jpg

KEICO

新潟県の老舗旅館に生まれ育つ。
上京、進学、就職、まさかの出逢い?で結婚し2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ・東京を行ったり来たりな生活中☆
そんな毎日からのグルメ・ファッション・カルチャー・バカンスなどの話題を中心にブログ更新致します。

ARCHIVE

MONTHLY

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories