アレンジで七変化する、フローズン・パイナップル。

コロンと可愛いパイナップル。縦に切って果肉をくり抜き、パイナップルを丸ごと器(パイナップルボードと呼ぶそうです)にしたい! と思い立ち、作りやすいシンプルなレシピを考えてみました。

1708-01-homeparty-02.jpg

パイナップルの果肉、バジル、ひとつまみの塩、水をミキサーにかけます。果肉をくり抜いたパイナップルボードに注ぎ、冷凍したら完成です。

パイナップルだけでも美味しいけれど、バジルやミントを加えると、ぐっと爽やかになります。入れた方が断然美味しいです。

お好みで、DITAやラム酒などをかけてフローズンカクテルにしてもいいし、キウイ、マンゴーを加えたり、お水の代わりにバニラアイスを使うなどのアレンジも楽しめそうです。

1708-01-homeparty-01.jpg

★フローズン・パイナップル★

【材料】作りやすい分量
パイナップル(小)  1ケ
水            200cc
バジルまたはミント  5枚
塩            ひとつまみ

【パイナップルボードの作り方】

  1. パイナップルを縦半分にカットする。
  2. 置いたときにぐらつかないよう、底を薄くカットする。
  3. 外皮に沿って、包丁をぐるりと1周入れる。果肉の部分に、格子状に包丁を入れる。
  4. 果肉をくり抜くように取り出していく。

【フローズン・パイナップルの作り方】

  1. パイナップルの果肉とすべての材料をミキサーにかけ、しっかり撹拌する。
  2. 味見をし、甘みが足りない場合は砂糖を加える。
  3. パイナップルボードに2を7分目まで入れラップをする。余った分はタッパーに入れる。それぞれ冷凍庫で3時間以上凍らせる(食べる前日に作っておくと楽)。
  4.  サーブする直前に3のタッパーを取り出し、中身を再度ミキサーにかける。パイナップルボードにこんもり盛って完成。

【ポイント】

  • パイナップルの熟成具合によって甘さが異なるので、必ず味見をし必要であれば砂糖を加えること。甘さが足りないと、中途半端な味になるので注意。

【関連記事】
ビールのおつまみに!タイム風味のインゲンの素揚げ。
爽やかなミント氷で彩る、夏のおもてなしドリンク。
夏に食べたい、ひんやり甘いマシュマロタルト。
クミン風味の押し麦サラダで、オリエンタルな一皿に。

Nao Aoumi
パーティ料理研究家
フランス独立記念日と同じ7月14日生まれ。「きっとフランスに縁があるのよ」と両親にいわれ続け、大学では仏語を専攻。フランス留学、仏系証券会社勤務、南仏でのレストラン研修‥と、フランスと関わる人生を歩む。2019よりボルドーを拠点に活動。各メディアにレシピを提供する傍ら、マルシェやワイナリー巡りなど、食の探求を欠かさない。ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル資格取得。
BRUNCH : https://brunch-nao.amebaownd.com

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories