卵子凍結を経験した35歳、独身女性のリアルレポート。

Society & Business 2021.12.10

パートナーの有無にかかわらず、「卵子の老化」という現実を前に、妊活のひとつの選択肢として30代の女性たちの間で「卵子凍結」に関心が高まっている。都内に住む独身のAさん(35歳)もそのひとりだ。将来の体外受精を見据えて未受精の卵子を取り出し、マイナス196度の超低温状態で凍結保存する卵子凍結。彼女はなぜいまその選択をしたのか? 気になる費用や施術、身体の負担、そしてこれからのことまでを聞いた。

#01.35歳・独身の私が、卵子凍結に踏み切るまで。
 

210826_iStock-1295639449.jpg

>>See more

---fadeinpager---

#02.いざ、病院探し......でも情報がない!

210907-beauty-01.jpg

>>See more
---fadeinpager---

#03.凍結卵子の生存率と妊娠率は?

211008-iStock-1197971125.jpg

>>See more


---fadeinpager---

#04.仕事や費用は? 一度に多く採卵したい。

211008-iStock-495805646.jpg

>>See more


---fadeinpager---

#05.採卵は痛い?手術と術後の現実。

iStock-1315424159-5-article.jpg

>>See more


---fadeinpager---

#06.凍結を終えて、気持ちは楽になったのか?

iStock-1259898208-6-article.jpg

>>See more

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories