私の"赤"を探して、秋メイク。 ボーテスターが選ぶ、それぞれの「赤」と、いまの気分。

Beauty 2022.08.04

今秋は、レンガ色からバーガンディ、ローズなど、血色感が生きる“赤み”のカラーが充実。自分に似合う“赤”を探して、フルメイクを楽しみたい。ボーテスターの新色セレクトも参考に、メイクもアップデート!


マゼンタ系でミステリアスに、肌を軽く、まつ毛を深く。

安倍佐和子(ビューティエディター)

古い印象にならないよう、ピンクからマゼンタにかけて青の輝きを透かしたような赤でフレッシュに。でも、どこかミステリアスなニュアンスレッド、そんなイメージで秋を遊びたい。

220723-autumn-red-make-13.jpg

1. 「まつ毛は漆黒系で」。2種のピグメントで黒より深い黒。ノワール ジェ 01 ¥4,950/ゲラン 2. 「マゼンタレッドと、締めのディープブラウンのマリアージュが新鮮!」。コンスピキュアス アイズ 13 ¥7,700(限定パッケージ)/アンプリチュード 3. 「肌には輝きと軽さをプラス」。繊細な光を放つハイライトパウダー。ル・レオスールデクラ 17 ¥9,350/クレ・ド・ポー ボーテ

---fadeinpager---

フレッシュな肌に、ディープレッドのアクセント。

青柳文子(女優/モデル)

血色が透けて見えるような頰にハイライト、目元もツヤで自然な赤みのワントーンのメイクが理想。時にはアイメイクに遊びの色を目尻や下まぶたなどポイント使いして、ネイルは攻めた色をチョイス。

220723-autumn-red-make-14.jpg

1. 「ローズ色に存在感のあるゴールドラメ。チークやリップにしても可愛い」。バイレード カラースティック フロスティング ¥4,840/エドストローム オフィス 2. 「一見難しそうだけど、全色使ってもまとまるのはさすが」。ヴァティック アイパレット 04 ¥6,820(8/5発売)/セルヴォーク 3. 「深いプラム色なのに透ける、ありそうでなかった色」。ネイル ラッカー EX-03 ¥2,200(8/5限定発売)/RMK Division 4. 5. 「みずみずしいテクスチャーが好き。ND1はチークに、GD1をハイライトに」。ティンティド モイスチャライザー ブラッシュ GD1、ND1 各¥3,410/ともにローラ メルシエ ジャパン

---fadeinpager---

秋のファッションに合う、リップ以外の赤にもトライ!

とんだ林 蘭(アーティスト)

赤リップはよく使うけれど、今年はチークやアイシャドウにさりげなく赤を取り入れたい。リップはベージュ系にして、やりすぎないバランスで秋のファッションと合わせるつもり。

220723-autumn-red-make-15.jpg

1. 「絶妙なグレーがおしゃれ。赤リップに合わせたい」。スティロ ユー ウォータープルーフ N 44 ¥3,960(8/5限定発売)/シャネル 2. ベージュにピンクパールが潜むチークは「顔が垢抜ける」。メルティングパウダー ブラッシュ 09 ¥6,050/スック 3. テラコッタピンクのアイカラー。「やりすぎ感のない上品な赤み。カジュアルにも」。ヴァティック アイズ 06¥2,200(8/5発売)/セルヴォーク

---fadeinpager---

マスタードとニュアンスブラウンで、洗練の赤。

佐々木 茜(ブランドディレクター/デザイナー)

赤はいまの自分の感覚とずれると野暮ったくもなる。主役の赤口紅はマスタードのアイカラーと合わせ、黄みと青みを繋げるグレイッシュブラウンのアイラインとネイルで洗練された印象に仕上げたい。

220723-autumn-red-make-16-2.jpg

1. 「色、質感ともに主役の赤」。ベルベットな質感。ルージュ ディオール 763 ¥5,170(8/5限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール 2. 粋なキャラメルベージュのネイル。ヴェルニ ロング トゥニュ 953 ¥3,960(8/5限定発売)/シャネル 3. 「左上のホワイトゴールドがいいアクセント。重ねても重くならない、色合わせの妙」。レトロモダンなマスタード。ザ アイシャドウ パレット010 ¥6,820(8/5発売)/アディクション ビューティ 4. モーヴブラウンのアイラインは「目尻に太めに入れると、洗練された目元に」。ニュアンス カラーアイライナー EX04 ¥3,080(限定発売)/スナイデル ビューティ

---fadeinpager---

着たい服に合わせて、赤みの質感チェンジ。

シトウレイ(ストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリスト)

フレッシュな赤みとツヤで頰と唇を染めて、まるで走ってきたような上気した印象を目指したい。でも、秋のドリーミーな服には、マットな赤リップとグレーのアイラインにチェンジ。

220723-autumn-red-make-22.jpg

1. 「控えめ、だけど目の印象はしっかり。グレーのアイライン、恐るべし!」。ダブル ウェア ウォータープルーフ ジェル アイ ペンシル 05 ¥3,190(8/5発売)/エスティ ローダー 2. 「透明感のある赤。ソフトタッチで重ねるたびマットに」。ラプソリュ ルージュ インティマット 505 ¥4,730(9/2発売)/ランコム 3. 「ほんのり上品な赤みの“ぴゅるん”が唇に現れて感動」。エルメジスティブル 04 ¥6,380(9/21発売)/エルメス(エルメスジャポン) 4. 「健康的なほてり感を演出できる」。ティンティドモイスチャライザー ブラッシュ PK3 ¥3,410/ローラ メルシエ ジャパン 5. 「大人の遊び心に、落ち着いたルビー色のマスカラを」。インラプチュアラッシュ 05 ¥4,180/セルヴォーク

---fadeinpager---

シックなボルドー系にハイライトの輝きを。

MICHIRU(メイクアップアーティスト/ディレクター)

セピアなニュアンスを内包したシックなボルドー系が気になる。一見ダークなリップは指でつけてフレッシュに。頰や鼻筋にハイライトを入れ、肌はクリーンに。

220723-autumn-red-make-19.jpg

1. 「ゴールドの煌めきで肌には抜け感を」。リフレクトグローX01 ¥3,300(限定発売)/スリー 2. 「手元はクールなブラウン系」。ヴェルニ ロング トゥニュ 957 ¥3,960 3. 「つけ方でエレガントにもフレッシュにもなる色」。ルージュ アリュール 204 ¥5,500(ともに8/5限定発売)/ともにシャネル 4. 「立体感を生むみずみずしいブロンズ」。カネボウ ポップタップジェリー EX03 ¥3,300(8/5限定発売)/カネボウ化粧品

---fadeinpager---

秋の定番はブラウンレッド系。今年はツヤっぽく派手に!?

菊乃(デザイナー)

秋はいつもブラウン寄りのマットな赤。今年はドラマ「ユーフォリア」に影響されてか、ツヤっぽいアイシャドウが気になるので、いつもより派手なアイメイクをしてもいいかも。

220723-autumn-red-make-17.jpg

1. 「ナチュラルな肌に合う血色感」。ティンティド モイスチャライザー ブラッシュND2 ¥3,410/ローラ メルシエ ジャパン 2. 「適度にマットなオシャレ色。いま欲しい!」。ザ マット リップ リキッド 021S ¥3,520 3. 「好みの落ち着いた赤系パレット」。ザ アイシャドウ パレット 008 ¥6,820(ともに8/5発売)/ともにアディクション ビューティ 4. 「目のキワはブラウンで締める」。ダブル ウェア ウォータープルーフ ジェル アイ ペンシル 02 ¥3,190(8/5発売)/エスティ ローダー

---fadeinpager---

紅葉する自然の色で、フルメイク。

太田莉菜(女優/モデル)

個性的なチークカラーを主役に、黒マスカラでくっきり、眉毛を立たせて、ファニーな顔をつくりたい。カーキやイエローのアイラインやマスカラとも合いそう!

220723-autumn-red-make-18.jpg

1. 黄みのオリーブグリーンを目尻に入れて。ニュアンス アイライナー 104 ¥3,300 2. ビビッドな朱赤チークとイエローのハイライト。混ぜればオレンジにも。ピュア カラー ブラッシュ132 ¥6,050(ともに限定発売)/ともにスック

---fadeinpager---

みずみずしいツヤと、肌になじむ赤み。

AMO(モデル/ブランドディレクター)

自分の肌トーンに合う赤みは、ブラウンやオレンジ系。今秋はマットな質感よりも、みずみずしいツヤ感を重視して、自然な血色感の赤みメイクをしてみたい。

220723-autumn-red-make-21.jpg

1. 透明感とツヤのあるロゼベージュ。「まぶたを自然な血色感に」。スパークリング アイカラー CS 006 ¥2,970  2. 「目元や頰に赤みをのせたらリップはブラウン系で。みずみずしくてしっかり発色に感動!」。リップスティック CS 125 ¥2,200、同 ケース CS 069 ¥1,100(以上限定発売)/以上ポール & ジョー ボーテ 3. 「ハチミツのような質感。そのままの色も、赤リップに重ねた色変化も楽しい」。カネボウ ティントリップコート EXL2 ¥3,300(8/5限定発売)/カネボウ化粧品 4. 「ラメが上品で使いやすい」。アイダイヤモンド グリマー 05¥2,750(8/5限定発売)/ジルスチュアート ビューティ

---fadeinpager---

モノトーンの服に、控えめな赤を添えて。

松本千登世(ビューティエディター/ライター)

ファッションは引き続き、ブラック&ホワイトのコーディネートを極めたい気分。メイクはそこに「血色の残像」を漂わせるような、赤ニュアンスを控えめに添えたい。

220723-autumn-red-make-20.jpg

1. 「カールせず、赤まつ毛をシャドウやラインのように見せたい」。エクストラボリューム カラーマスカラ 08 ¥4,840/アンプリチュード 2. 「目元や口元の赤をシックにまとめ上げる」マルチなウォームベージュ。カラースティック EX-01¥3,300(8/5限定発売)/RMK Division 3. プラムブラウンの眉は「主張しすぎない“ハンサム”に整う」。インディケイトアイブロウパウダー 08 ¥3,850/セルヴォーク

●問い合わせ先:
ゲランお客様窓口 0120-140-677(フリーダイヤル)
アンプリチュード 0120-781-811(フリーダイヤル)
クレ・ド・ポー ボーテお客さま窓口 0120-86-1982(フリーダイヤル)
エドストローム オフィス tel:03-6427-5901
セルヴォーク tel:03-3261-2892
RMK Division 0120-988-271(フリーダイヤル)
ローラ メルシエ ジャパン 0120-343-432(フリーダイヤル)
シャネル カスタマーケア 0120-525-519(フリーダイヤル)
スック 0120-988-761(フリーダイヤル)
パルファン・クリスチャン・ディオール tel:03-3239-061
アディクション ビューティ 0120-586-683(フリーダイヤル)
スナイデル ビューティ tel:03-3261-9968
エスティ ローダー tel:0570-003-770
ランコム お客様相談室 0120-483-666(フリーダイヤル)
エルメスジャポン tel:03-3569-3300
スリー 0120-898-003(フリーダイヤル)
カネボウ化粧品 0120-518-520(フリーダイヤル)
ポール & ジョー ボーテ 0120-766-996(フリーダイヤル)
ジルスチュアート ビューティ 0120-878-652(フリーダイヤル)

*「フィガロジャポン」2022年9月号より抜粋

photography: John Chan

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories