ボーテスターの美容履歴書。

佐々木茜

ブランドディレクター/デザイナー

佐々木茜の最新記事をチェック!

どんなコスメを選び、どんなふうに自分をケアするか。ビューティだってファッション同様、センスが問われる時代。
フィガロでは、美容のプロフェッショナルと、オシャレで美容愛のある女性クリエイターたち13人の“ボーテスター”とともに、心地よいライフスタイルビューティを提案します。

ブランドディレクター、デザイナー、モデルとして活動し、ウェブマガジンも主宰する佐々木茜の場合は?

400x600-6-sasaki.jpg

佐々木茜
ブランドディレクター/デザイナー
文化女子大学(現文化学園大学)卒。アパレル会社の販売・プレスを経験後フリーPRに。自身のブランド「madder madder」のデザイナーを務め、ファッションセンスも注目の的。今年は生活丁寧化を計画。文章や動画での発信も挑戦していく予定!
Instagram:@akane_madder2

Q:自身にとっての「ライフスタイルビューティ」とは?

1日24時間、1週間7日間、1カ月30日……と自分のスケジュールを把握する。
「木曜は帰るのが遅くなりそうだから前日のケアを丁寧に……」
「今週末は外食が続きそうなので、肌と身体によさそうなごはんを平日に取る」など、スケジュールをちゃんと紙やメモに残して意識します。

Q:心地よい「ライフスタイルビューティ」を送るために欠かせないアイテム3品を教えてください。

  1. ダムダム スキンマッドパワーマスク
    しっとりもっちりの白いクレイ。ちょっと気分が落ち込んでる日などにも、使うだけで気持ち(と肌を)をパッと明るくしてくれる。

    200324_akane_01.jpgダムダム スキンマッド パワーマスク 100g ¥6,600/セブンデイズ
     
  2. コスメデコルテ コントゥアリング パウダーアイブロウ
    フィガロのボーテスター賞で出合ってからリピートし、いまは3代目。これを使うようになってから、眉メイクについて聞かれることが増え、なんだかうれしい。

    200324_akane_02.jpgコントゥアリング パウダーアイブロウ B302 ¥4,950/コスメデコルテ
     
  3. エプソムソルト
    「お風呂に浸かる時間を確保する」という思考が、一日のスケジュール管理を見直すきっかけに。気分でアロマオイルを数滴たらしたり、最近はヒバ水を入れるのがお気に入り。むくみが軽減され、寝つきもよくなった。

Q:身に着けるものや、住空間などでのこだわりは?

遊び心のあるもの、そしてやっぱり「可愛いもの」が好き。毎シーズン眺めてしまうセシリー バンセン、アリータのアクセサリー、リボン、花柄、レース、ピンクのアイテム……きっと、ずっと追い続けるんだろうなあと思います。

部屋はリビングとダイニングにはものをほとんど置かず、すっきりとさせて、反対に仕事と洋服用の部屋は、好きなものが詰まってぎゅうぎゅう。ミニマリストにもマキシマリストにもなりきれない私には、部屋ごとに空間の使い方を変えることがいちばん心地いいみたい。最近は洋服の部屋の壁紙をピンクにしてしまおうかと計画中。お花はドライより生花派なので、各部屋に絶やさないようにしています。

Q:いまの自分の「きれい」をつくるために、欠かせないものや習慣は?

スキンケアは毎日無理なく楽しく続けられるものをと、なるべくナチュラルで、使用感や香り、デザインが好みのものを探し、アンティポディースやダムダムに落ち着いています。

メイクは、その日の気分に沿って。気合を入れたい日も、ゆるく過ごしたい日も、手に取るアイテムやかける時間は違えども、眉毛メイクだけは欠かせません。ヘアケアは、オラプレックスのシリーズがいままで出合った中でいちばんのお気に入り。髪の内部に栄養をたっぷり与えて、髪自体を健康にしてくれます。

200323_akane_01.jpg

左から、オラプレックス No.4ボンドメンテナンス シャンプー同 No.5ボンドメンテナンス コンディショナー 各250ml 各¥3,080/ともにプロジエ

なるべく規則正しい生活を心がけていて、入浴は就寝の2時間前までに済ませ、23時にはベッドに入り、朝は5時半起床というのがベスト。毎日のルーティンで摂取しているのは、無塩のトマトジュース、ニンジンジュース、酵素シロップ。アプリ「あすけん」で食べたものを記録し、不足しがちな栄養素をチェックして食生活改善を試みています。蒸籠を購入してから蒸し料理にはまり、旬の野菜をたくさん摂取。肌のくすみが気になっていましたが、赤身の肉を意識して取るようにしてから顔色がよくなったような……。月曜と金曜日はノンカフェイン・デーと決めています。

昨年ドラマ「サ道」にハマって、サウナや岩盤浴で汗をかくことと、プチ瞑想に目覚めました。ドラマにも登場した草加健康センターと、大磯プリンスホテルのTHERMAL SPA S.WAVEは特にお気に入り。どちらも月イチで行っています。

※記事内の商品の価格は、標準税率10%の消費税を含んだ価格となります。

o-hamada

photo:YURI TANAKA (PORTRAIT)

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories