in PARISFRANCE

  • EAT・FRENCH

絶品ソースを利かせた、パリの若手シェフの伝統フレンチ。

Comptoir Canailles コントワール・カナイユ<9区>

いまパリで人気のフレンチは「伝統回帰」がキーワード。シェフの個性が凝縮されたソースで、フレンチの味わいの核心へ誘われて。ソースの名手が手がける、現代人のためのフレンチとは。

paris-201405-32-comptoircanailles03.jpg

鹿のオブジェをテーブルにした席も。店の熟成室で4〜6週間熟成した肉を提供。

モナコの「ルイ・ケーンズ」を経て、この店のオーナーシェフとして活躍するニコラ・パンドは、若いながらも折り紙付きの腕前。「フレンチはやはりソースが決め手」と伝統を尊重しつつも、味は現代人の味覚に合うようにアレンジ。果物を使った軽やかなソースを添えたフォアグラのテリーヌや、季節の根菜と合わせたホロホロ鳥のロティなど、どこかほっとする味わい。連日、満席が続く人気店だ。

paris-201405-32-comptoircanailles02.jpg

ホロホロ鳥のロティにゴボウ、マッシュルーム、カボチャのピュレを添えて。鳥の肉汁ソースが味のポイント。「Pintade Rôti Salsifis Champignon」21ユーロ 

paris-201405-32-comptoircanailles01.jpg

フォアグラのテリーヌに、ショウガとシロップで煮た洋梨と、洋梨とミカンのソース、甘みを抑えた自家製スペキュロス(シナモンのクッキー)を添えて。フォアグラと、洋梨やミカンの甘酸っぱさが爽やか。「Foie Gras Terrine / Poires」14ユーロ

INFORMATION

Comptoir Canailles コントワール・カナイユ<9区>

47, rue Rodier75009

01・53・20・95・56

ANVERS

12時30分~14時、19時30分~22時(火~ 木) 12時~14時、19時30分~22時30分(金、土) 休)日、月

MASTER、VISA 予約したほうがいい

comptoircanailles.com/

Google mapで開く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

madame FIGARO.jpの
最新ニュースをお届けします
CREDIT

photos :JULIE ANSIAU,réalisation :KAORUKO YASUDA

※掲載情報はFIGARO 2015年4月号 別冊「パリ最新アドレスブック。」 より抜粋

この店舗について情報を編集部に送る

RELATED SHOP

  • NEW
  • WEEKLY RANKING
SEE MORE

madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。